Loading…

#003.ダブルとシングル

Posted by KINN Tailor on 20.2010 ジャケットの話   0 comments   0 trackback
 よく「ダブルとシングルとでは、どちらの方が格が上か?」という質問を
受けます。
 シングル派は、「ダブルは船乗りがどちらから風が吹いても安全な様に作
られた服で、作業着の一種だからシングルより格が下だ」と言います。
 一方ダブル派は、「ダブルの方が前の打ち合わせが多く、きっちりした感
じ=礼装っぽい雰囲気があるのでダブルの方が格が上だ」と主張します。
*船乗りの服はリーファという作業着で、これからダブルが始まった訳で
はありませんが…

 歴史的な見方をするとダブルの方が古く、昔の礼服はダブルが主流でした
から格が上だと言えたかも知れません。
 しかし現代では、ダブルとシングルの間に格の差は無く、単に好みの問題
と考えて良いと思います。

「ダブルかシングルか」の比較の中で、シングルは三つ揃いを作るけれど、
ダブルは上下である…と思っている方が結構いらっしゃいます。
 しかしスーツは元来、三つ揃い(スリーピース)が正式でシングル、ダブ
ルの区別はありません。つまりダブルでも三つ揃いが正式なのです。
 格の話をすると、シングル、ダブルの上下スーツよりも、それぞれの「三
つ揃いの方が格が上」
ということになります。

 最近、ダブルの三つ揃いはあまり見かけなくなりましたが、先日ちょうど
オーダーを頂きましたのでご紹介しましょう。
 ダブルのベストが作られなくなった理由の一つに「外から見えないから」
というものがあります。
 見えるかどうかはデザインにもよりますが、直接見えないベストを着るの
もお洒落だと思いますし、ダブルでベストが見えるようにデザインするのも
なかなか迫力があって良いものです。

ダブル三つ揃


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://kinntailor.blog98.fc2.com/tb.php/8-be318c7b

プロフィール

KINN Tailor

Author:KINN Tailor
服部晋(はっとり すすむ)
金洋服店 2代目店主
10代半ばから父・金生に師事し、洋服作りを修業。
伝統的な裁断・縫製技術を磨きながら日々研究を重ね「斜面裁断」や「プルダウン」など独自の技法を開発。
近年では後進指導のための私塾やセミナーなどを開催する一方で、技術継承のためにDVD制作にも積極的に取り組んでいる。

カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR