Loading…

#50. お客様との思い出

Posted by KINN Tailor on 09.2011 補正の話   3 comments   0 trackback
 私共のように"オーダーメイド"の服作りをしていますと、お客様と10年、
20年と長いお付き合いをさせて頂くことが多々あります。
 中には父の代からご贔屓にして頂き、今では3代に渡ってご注文を頂いて
いるお客様もいらっしゃいます。

 先日、お直しのご注文を頂いたお客様もそうでした。先代のご主人は、私
の父の若い頃からお引き立て下さっていたのですが、2代目はご主人様だけ
ではなく、奥様からもご注文を頂くことになり、とても親しいお付き合いを
させて頂いています。
 この2代目のご主人様は物腰も柔らかく、正に「gentleman」といった
印象の方でした。ご夫婦共洋服を良くご存知で、センスが良く、選ばれる
生地やご注文されるデザインがとても洗練されていました。
 現在はそのお子様のご注文も頂いていますが、私は2代目とのお付き合い
が長く、年齢も近いことから、洋服以外のことも色々とお話しさせて頂きま
した。
 ところが大変残念なことに、今年の初めに2代目のご主人様が他界されま
した。奥様はいつもご主人様とご一緒でしたので、どうされているか…とて
も心配でした。
 それがこの10月にご連絡を頂戴し、やっとお目にかかることができたの
です。ご依頼は「ご主人様の服を奥様と3代目に合うように直して欲しい」
というものでした。
 お宅にお邪魔しお直しをする候補の服を拝見している時、皆様で「お父様
はこの服を大層好まれて召していた・・・」とか「いつもこのジャケットに
はこのパンツを合わせられていた」、また「右利きなのに内ポケットのペン
入れは何故か右側にお作りになってらしたのよね・・・」など等、ご主人様
と洋服にまつわる話
が次々と出て来て、とても胸が熱くなりました。
 そして拝見した服がどれも素晴らしいコンディションなのには驚きました。
選ばれている生地が良く、今では"ビンテージクロス"と云われる物も含まれ
ていたのですが、とても丁寧にお召し頂けていたようで、シミや汚れが全く
なかったのです(裏地にも…です)。
 確かにメンテナンスをマメにされていましたが、お仕立てしてから30年は
経っていますのでとても感心しました。

 2代目はかなり体型の変わった方でした。服を拝見した時に、この服はあの
時に広げて、この時にもう一度小さくして・・・と何度お直ししたかが自然
と思い出され、お付き合いさせて頂いていた年月の長さを感じました。
 最近はかなり細くなられましたので、体格の良い3代目に合うようになるか
…心配でしたが、まずまず奇麗に仕上がりました。
 奥様のご希望でお直ししたツィードのジャケットも、かなり大胆に修正し
ましたが、素敵にお召し頂けるようになりました。

 このように、洋服を大切に扱っていただき、またそれをご家族の方に合わ
せて直させていただける・・・「洋服屋冥利に尽きる」とは、このことでは
ないか…とつくづく感じました。

※今週はメール不具合の告知をさせて頂いたため、更新が遅れましたので、
 次回は火曜更新の予定で、今頭を悩ませております。。。


素敵なお話ですね。三代に渡るお付き合いですか。
人との関わり、大切にしたいと思います。
そう云えば、結婚式のために仕立て直して頂いた父親のモーニング、
父の遺した服を生理した際に、もう少し新しいモーニングが出てきましたので、
どうやら祖父のものだったようです。
まさか父の葬儀に着ようことになるとは思いませんでしたが。
時間がたつのは早いものですね。
2011.11.09 22:52 | URL | リカルド夙川 #- [edit]
リカルド夙川様

いつも丁寧なコメントを頂戴しありがとうございます。
私どもにとっては、長いおつきあいができる、ということが何よりありがたいことです。
色々とお話をさせて頂くことが、仕事の上でも一番の糧となっていると思います。
今後とも宜しくお願いいたします。
2011.11.10 16:07 | URL | 服部 晋 #- [edit]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2011.11.11 22:47 | | # [edit]


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://kinntailor.blog98.fc2.com/tb.php/75-0c24050f

プロフィール

KINN Tailor

Author:KINN Tailor
服部晋(はっとり すすむ)
金洋服店 2代目店主
10代半ばから父・金生に師事し、洋服作りを修業。
伝統的な裁断・縫製技術を磨きながら日々研究を重ね「斜面裁断」や「プルダウン」など独自の技法を開発。
近年では後進指導のための私塾やセミナーなどを開催する一方で、技術継承のためにDVD制作にも積極的に取り組んでいる。

カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR