FC2ブログ
Loading…

#404.お客様の服_ボックスプリーツのポロコート その弐

Posted by KINN Tailor on 09.2020 お客様の服   0 comments   0 trackback
 先週ご紹介しました「ポロコート」を、実際にご覧頂きます。

お客様のポロコート

〈正面〉               〈斜め〉
正面** 斜め**
・ダブル 6ツ釦の3ツ掛け
・襟、ポケットのフラップ、カフスは広め 全て縫い目に飾り星を入れた


〈襟元〉               〈裏地〉
衿元** 裏地**
・胸ポケット、肩にも飾り星が入っているので、華やかな印象に
・鮮やかな色の裏地 表地との馴染みも非常に良い


〈後〉                〈ブリーツ〉
後** プリーツ**
・プリーツが背中の上の方まで続いている
・5枚重なっているが、厚みを感じさせない仕上げにする事ができた
・3段重ねのプリーツ 歩くたびにプリーツが綺麗に動く

〈重ね正面〉
重ね正面**
・#402で紹介したスポーツジャケットと合わせて…

     *   *   *   *   *   *

 3回に渡り、お客様の服をご紹介させて頂きました。
 スポーツジャケットから観て頂きましたが、ご注文自体は、このポロコート
の方が先になります。
 キャメル地をご希望でしたので、色々と探したところ「Josua Ellis」のなか
なか良い生地が見つかり、このポロコートをお仕立てしました。
 その後、(前述しましたように)お客様がサイモン・クロプトン氏のブログ
を読んでいたところ、スポーツジャケットに合う生地として紹介されていた
生地が「Josua Ellis」のエスコリアルウールだったので、縁を感じて、ご自分
のジャケットの生地用にお求めになった…という事でした。

 仕立て屋をしていますと、ご注文を頂く際に、お客様がその洋服を注文さ
れる目的デザインの拘りなど、色々と伺う事ができます。
 その時々で様々なストーリーがあり、私もお客様と同じ気持ちになり、胸
が弾むものです。
 今回も思わぬ縁があり、良い物に巡り合う時は何かしら素敵なエピソード
がある
ものなのだ…と思いました。
 特にこのコートは、私としても「悩んだ末・・」でしたので、作る前のワク
ワク感よりは、仕上がった時の喜びが"ひとしお"でした。
 コートをお召しになり、歩くたびにプリーツが綺麗に動いていたのを見て、
これは上手くいった!」と自賛したものです。

 このブログの初期に、よく登場していたお客様のN氏は、「ロングコートは
裾の揺れが優雅
でなければならない・・」と仰っていましたが、まさにその
通りで、優雅さと華やかさがありました。
 何年経って味わいの出て来た頃、またこのポロコートを拝見するのも楽しみ
です。


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://kinntailor.blog98.fc2.com/tb.php/521-2e452932

プロフィール

KINN Tailor

Author:KINN Tailor
服部晋(はっとり すすむ)
金洋服店 2代目店主
10代半ばから父・金生に師事し、洋服作りを修業。
伝統的な裁断・縫製技術を磨きながら日々研究を重ね「斜面裁断」や「プルダウン」など独自の技法を開発。
近年では後進指導のための私塾やセミナーなどを開催する一方で、技術継承のためにDVD制作にも積極的に取り組んでいる。

カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR