FC2ブログ
Loading…

#400.カヴァーツの話

Posted by KINN Tailor on 13.2020 生地の話   0 comments   0 trackback
 皆様、明けましておめでとうございます
 今年もブログを読んで頂き、ありがとうございます。
 本ブログも今回でちょうど400回になります。一時は300回を目途にやめ
よう…と思っていたのですが、何となく400回に辿り着きました。
 以前よりは回数が減り気味ですが、思いついた事や仕立ての風景などを、
今年もご紹介できれば…と思っています。

 今年最初の話は、久し振りに使用した生地「Covert Coating (カヴァーツ
コーティング)」についてです。
 私共が作る洋服生地の主力は、何といっても「Wool (ウール)」です。
一言で「ウール」と言っても、用途に応じで様々な工夫がなされています。
 その昔は機能性よりは丈夫さを重視していましたし、技術的な問題もあり、
今よりはずっと厚く重たい生地が中心でした。その内に、だんだんと柔らか
い物
軽い物などが流通し始めました。
 現在では丈夫さは考えず、デザイン重視の極薄の生地も出回っています。
 どのような生地を選ぶかは勿論お客様の好みですが、最近の傾向として
は、やはり柔らかく軽めの生地が好まれているようです。
 ただ昔ながらの厚手の生地も人気が復活しつつあるようで、私共の一部の
お客様からも、しばしばご注文を頂きます。
 厚手の生地の優れているところは、摩擦に強くシワになりにくい、そして
保温力があるという事です。こういった生地は主にオーバーコートレイン
コート
などに使用される事が多いのですが、その内の一つが「Covert」です。

 縦糸は梳毛糸(そもういと:長い毛だけを櫛で抜いた物)を使って強さを
出し、比較的角度の強い綾目になるように織ってあるのが特徴です。表に
ケバが無い仕上がりになっています。

 昨年末、あるお客様が「雨に強い生地」での仕立てをご希望されました。
早速生地屋さんに相談したところ、珍しく Covert が見つかりました。お客
様にも大変気に入って頂き、色違いでパンツを2本ご注文頂きました。海外
旅行でお使いになる…との事でしたので、シワになりにくい点もお気に召さ
れたのだろうと思います。

 仕上がった物をご紹介したかったのですが、ご注文から納品まであまり日
がなかったもので・・・今回は生地だけをご覧頂きます。

写真左:ロゴ  右:生地(左側が表)
ロゴ**  左側が表**

●仮縫いの様子
仮縫い中**

 久し振りに Covert を仕立てる事ができ、懐かしく・・改めて厚手の生地
いいなぁ…と思った次第です。

 改めまして、本年も宜しくお願い致します


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://kinntailor.blog98.fc2.com/tb.php/517-132ac3ec

プロフィール

KINN Tailor

Author:KINN Tailor
服部晋(はっとり すすむ)
金洋服店 2代目店主
10代半ばから父・金生に師事し、洋服作りを修業。
伝統的な裁断・縫製技術を磨きながら日々研究を重ね「斜面裁断」や「プルダウン」など独自の技法を開発。
近年では後進指導のための私塾やセミナーなどを開催する一方で、技術継承のためにDVD制作にも積極的に取り組んでいる。

カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR