FC2ブログ
Loading…

#393.トラブルが出た時の対処の仕方 パンツ編 その弐

Posted by KINN Tailor on 14.2019 補正の話   0 comments   0 trackback
 それでは、前回出題した問題の解説をします。

Q1)パンツを履いて立った時に、裾が外側を向いてしまう。

⇨A:パンツでトラブルが出る場合は、大体は「脚のクセ」によるものです。
 ですから、脚が真っすぐなのに裾が外側を向いてしまう…という事は、脚
 ではなく他に原因がある…と考えられます。
  今回のトラブルは「パンツの下がり方」ですので、パンツ全体に影響する
 所に原因があると考えられます。
  パンツ全体に影響する箇所・・それは「腰」です。今回のように、中心線
 と裾が外を向くという事は、外側(脇)が上に引っ張られている・・つまり
 外側が短い
…という事になります。このような症状が出るのは、腰に肉が
 付いているか
腰骨が張っている為に起こる事が多いです。
【直し方】
・下図のように、腰帯を両脇で少し高くなるように付ければ良い事になります。

*製図をする際に、通常は前身頃の腰は脇まで真っすぐに描きますから、脇
 を上げるとなるとやや抵抗があるかも知れませんが、上げるとしても1cm程度
 ですし、その方が身体には合っている訳です。製図の基礎で習う事ではあり
 ませんが、驚くような補正という訳でもありません。
トラパン2_対処**

 今回は"おまけ"の解説をします。

Ex_Q)下のイラストは、良くあるトラブルですが、何が原因でしょうか?
 (すぐにお判りになるかとは思いますが・・・)

   トラパン2_O脚Q**
⇨A:この症状は、O脚の人に出るトラブルです。
 一番良いのはO脚用の製図をする事ですが、そういかない場合は・・・
【直し方】
 下図に示したように、前身頃の内側を上に上げる事で、パンツ全体が内側
 を向いて来ますので解消されます。お試し下さい。

    トラパン2_O脚A**

 続きは次回に・・・・

〈つづく〉


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://kinntailor.blog98.fc2.com/tb.php/508-c4bfc27e

プロフィール

KINN Tailor

Author:KINN Tailor
服部晋(はっとり すすむ)
金洋服店 2代目店主
10代半ばから父・金生に師事し、洋服作りを修業。
伝統的な裁断・縫製技術を磨きながら日々研究を重ね「斜面裁断」や「プルダウン」など独自の技法を開発。
近年では後進指導のための私塾やセミナーなどを開催する一方で、技術継承のためにDVD制作にも積極的に取り組んでいる。

カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR