FC2ブログ
Loading…

#391.KINN TAILORING ACADEMY 生徒の作品:燕尾服

Posted by KINN Tailor on 09.2019 私塾の話   0 comments   0 trackback
 私が私塾KINN TAILORING ACADEMY)を始めてかれこれ20年になり
ます。その間、沢山の生徒さんが通って来てくれました。

 男性の生徒さんが「礼服」を作る事はよくあるのですが、大抵は「ディナ
ージャケット」を作ります。恐らくは実際に自分が着る事を想定しての選択
なのではないかと思います。
 そんな中で、「燕尾服」を作った生徒さんが居ます。
 本人としては、満足いく出来ではなかったようですが、私としてはとても
喜ばしい事でしたので、ここで紹介させて頂く事にしました。

□燕尾服製作者:鈴木亮治さん
 私のアカデミーには、2013年からいらしています。
 現在は縫製工場で縫製業務をされています。今回、燕尾服を作る事にした
 のも…「仕事で燕尾服を作る機会があり、そこで上手くいかなかった所を
 学び直すため」という事です。熱心ですね・・・。

 それでは、私のコメントも添えて紹介します。

【正面】
正面**
・ジャケット、ベスト、パンツのバランスが上手く取れています。
・ジャケットの前がもう少し中心に寄っても良いと思います。

【斜め前】
斜め**
・燕尾服のジャケットは前が短く、長いスカートが付いているのが特徴です。
・ジャケットの前の丈、スカートの長さ、パンツの出方のバランスが非常に
 難しいのですが、この角度から見ると、上手くいっている事がわかります。


【後ろ】
後ろ**
・ご本人もコメントしていましたが、スカートが中心に寄り過ぎてしまい
 ました。スカートを縫う時にもう少し後下がりにすると良いと思います。

【拝剣】
拝剣**
・拝絹が上手く掛かっています。

【脇】
脇**
・脇のラインがとても綺麗に出ています。
 ジャケットがタイトなので、脇のラインを綺麗に出すのは案外難しい筈です。 

 
 今回、燕尾服を作った際に大変だった所を聞いてみると、「ウエストライン
が綺麗に出なかった事と、スカートが真っすぐ落ちなかった事」だそうです。
 確かに、スカートが綺麗に落ちるようにするのは製図、縫製共に簡単には
いきません。本人は機会があれば作り直したい…と言っていましたので、
新たな目標にして貰えれば…と思います。
 いずれにせよ、何事もやってみないとわからない訳ですから、「燕尾服を
作った
」という経験は礼服だけでなく、仕事の色々な面に生きて来る素晴ら
しい挑戦だったと思います。

 *** 鈴木さん、ブログへのご協力有難うございました ***


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://kinntailor.blog98.fc2.com/tb.php/506-2366c36a

プロフィール

KINN Tailor

Author:KINN Tailor
服部晋(はっとり すすむ)
金洋服店 2代目店主
10代半ばから父・金生に師事し、洋服作りを修業。
伝統的な裁断・縫製技術を磨きながら日々研究を重ね「斜面裁断」や「プルダウン」など独自の技法を開発。
近年では後進指導のための私塾やセミナーなどを開催する一方で、技術継承のためにDVD制作にも積極的に取り組んでいる。

カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR