FC2ブログ
Loading…

#389.トラブルが出た時の対処の仕方 その四

Posted by KINN Tailor on 12.2019 補正の話   0 comments   0 trackback
 先週(8月5日に)、続きの投稿をする予定でしたが、この暑さで少々疲れて
しまい遅れました。失礼しました。それでは早速、残り3問の解説をします。

Q4)釦を止めると、センターベンツが開いてしまう。

⇨A:原因は2つ考えられます。
  1.この方が反身体のため、後身頃が長過ぎる
  2.この方の腰回りに対して服が小さい
【直し方】 
 1.Q2の直し方と同様に、脇縫い目で調整し、後身頃を短くします。
 2.前身頃の脇を出します。
  この場合は、腰回りだけ出せば良いのですが、短い距離で幅を出すと服
  が綺麗に落ちません。
  図のように、なるべく長い距離で幅を出すようにします。

トラブルQ4


Q5)釦を止めると背中の中心が持ち上がり、裾に向かって斜めのシワが出る。

⇨A:この場合も原因は2つ考えられます。
  1.この方が屈身体のため、後身頃が短か過ぎる
  2.この方の背が丸い事が考えられます(背に肉が付いている、肩甲骨が出て
  いる等)。
【直し方】 
 1.Q1の直し方と同様に、脇縫い目で調整し、後身頃を長くします。
 2.背縫い目のカーブを強くします。カーブを強くする事によって長さも長く
  なります。
  それでも長さが足りない場合は、襟ミツと肩で調整します。背中は計る
  箇所が少なく、どれ位肉が付いているか・・がわかりにくいものです。
  背縫い目をどの位カーブさせれば良いかを知るためには、採寸の際に、
  その方の背中の膨らみ方を掌で良く確認すると良いでしょう。または、
  斜辺裁断を試してみる事をお勧めします。

トラブルQ5

Q6)袖の山にシワが出る。
⇨A:こちらも原因は2つ考えられます。
  1.袖山の上にシワが出ている場合は、袖山が高過ぎる(山が細長い場合
   が多い)。
  2.袖山の幅いっぱいに長いシワが出ている場合は、袖山の丸い部分の
   幅が足りない
【直し方】 
・袖山には縫い代が多く入っていないので、幅を広げられません。まず、袖
 全体を上に上げて袖山を書き直します。そうすると幅の広いところが上に
 行くようになります(幅が出せる)。
・山が高過ぎる場合は、多めに高さを削るようにします。

  トラブルQ6


 今週からお盆休み…という方も多いのではないでしょうか?    
 各地で記録的な暑さが続いています。また今年は台風の当たり年でもある
ようです。皆様くれぐれも体調管理にお勤め下さい。

     *   *   *   *   *   *

 Academyの生徒さんたちと懇親会をしました。
 7月の、まだ暑くなる前の事で、風邪を引いて急遽来られなくなった人も
いました。良く話し、良く食べ、良く笑い・・楽しいひと時でした。
 今ではあの涼しさが懐かしいです。

懇親会


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://kinntailor.blog98.fc2.com/tb.php/504-414d1665

プロフィール

KINN Tailor

Author:KINN Tailor
服部晋(はっとり すすむ)
金洋服店 2代目店主
10代半ばから父・金生に師事し、洋服作りを修業。
伝統的な裁断・縫製技術を磨きながら日々研究を重ね「斜面裁断」や「プルダウン」など独自の技法を開発。
近年では後進指導のための私塾やセミナーなどを開催する一方で、技術継承のためにDVD制作にも積極的に取り組んでいる。

カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR