FC2ブログ
Loading…

#387.トラブルが出た時の対処の仕方 その弐

Posted by KINN Tailor on 22.2019 補正の話   0 comments   0 trackback
 今回は、前回出題した問題の解答をします。

Q1)ジャケットを着て釦を止めたら襟が抜けてしまう。

⇨A:これは、服の前身頃が下がり過ぎている事を意味します。
  つまりこの人は「屈身体」であるため、前身頃が長過ぎるのです。
【直し方】
脇縫い目を解き、背中を上げます(後身頃の長さを長くする)。
 背中を上げるという事は、アームホールの位置も変えなければなりません。

後身頃側だけで修正するとアームホール自体が大きくなってしまいますので、
 後身頃、前身頃それぞれのアームホールで半分ずつ調整<するようにします。

柄物の場合は、脇縫い目は動かせないので前身頃のネックポイントで調整
 します。この場合も、アームホールの調整は前後半分ずつにします。

*私は、後身頃の肩にも縫い代を1cm強付けるようにしています。
 そうすると無地、柄物に関係なく、脇縫い目を触らずに前後の肩だけで修正
 する事ができます。
対処2-1

Q2)背中の横に余りジワが出る。

⇨A:原因は2つ考えられます。
  1.この人には後身頃が長過ぎる
  2.この人は「イカリ肩」が強い
【直し方】
まず肩から脇の中間位の所にシワを集めるよう摘んで、 (横向きに)ピン
 を打ちます。
 なるべく、一か所(横一本)になるようにしますが、シワの出方によっては
 数本になる場合もあります。

ピンを打った結果、摘んだ量が脇まで比較的同じになった場合は、後身頃
 が長い…と言えます。「反身体」の人に出やすい症状です。

摘んだ量が背の中心に多く、脇に向けてだんだん少なくなる場合は「イカリ
 肩」である…と考えられます。これは、日本人に多い体形と言えます。

後身頃が長い場合は、摘んだ量を脇縫い目で調整します(後身頃を短くする)。
 アームホールも先程と同じように前後で調整します。
イカリ肩だった場合は、摘んだ量分、襟の位置を下げ、それに合わせて肩
 のラインを変えます。

*シワの原因はどちらかだけ…という場合もありますが、両方という事も少なく
 ありません。どこが多めに余っているか…をよく確認する事、そしてその人が
 イカリ肩かどうかを目で確認する事も大切です。
対処2-2

 解答の続きは次回(7月29日予定)に・・・

〈つづく〉


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://kinntailor.blog98.fc2.com/tb.php/502-a3668fa6

プロフィール

KINN Tailor

Author:KINN Tailor
服部晋(はっとり すすむ)
金洋服店 2代目店主
10代半ばから父・金生に師事し、洋服作りを修業。
伝統的な裁断・縫製技術を磨きながら日々研究を重ね「斜面裁断」や「プルダウン」など独自の技法を開発。
近年では後進指導のための私塾やセミナーなどを開催する一方で、技術継承のためにDVD制作にも積極的に取り組んでいる。

カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR