FC2ブログ
Loading…

#385.新しい裁断法によるパンツ 最終話

Posted by KINN Tailor on 24.2019 裁断の話   0 comments   0 trackback
 今回は、前身頃のクセ取りです。

🔳セットする
78.png
・前身頃の幅を狭くしましたが、アイロンワークはいつもと同じです。

㉓小股のクセを取る
798081.png
・小股のカーブから始めます。
・カーブの下の方をよりカーブするように、クセを取ります。
・上の方も同様にカーブが強くなるようにクセを取ります。


㉔裾のクセを取る
828384.png
・裾口が綺麗に仕上がるようにクセを取ります。
・しっかり内側にクセを取ります。
・反対側も内側に向くようにクセを取ります。


㉕前身頃を折ってクセを取る
858687.png
・半分に折ってクセを取ります。
・折り目の膝から下が前に湾曲するようします。
*これは、歩く時にパンツが足に上手くついて来るようにするためです。
・アイロンが効いて来る迄しっかり押さえます。

8889.png
・裾や小股も、折った状態でもう一度クセを取ります。

㉖後身頃と合わせて確認する
9091.png
・前身頃のクセが取れましたので、後身頃と合わせてみます。

㉗仮縫いの準備をする
929394.png
・裁断の時に切り離した所を後身頃に繋げます。
・繋ぎ目の所に、本縫いの時ポケットを作ります。
・アイロンを掛けます。


🔳アイロンワークの結果…
      95.png
・腰のダーツの代わりに切り離した所をカーブさせた為(ダーツの移動)、
 お尻に膨らみが出ます。ダーツがないのでスッキリと仕上がっています。
・また、特に強くクセを取らなくても腰の所が真っ直ぐになっています。
*普通の裁断の場合は、この部分が内側に入っている為、イラスト「g」の
 クセ取りをしますが、既に真っ直ぐになっているのでクセ取りをしなく
 ても良くなります。
 
後身頃アイロン**
この裁断法の特徴は、後身頃の股下とポケットから上の生地を切り離し、
 細工をする事で、ダーツを作る必要がなくなり、アイロンワークが軽減 
 され、作業効率が上がる…という事です。

㉘仮縫いをする
9798.png
・続けて、仮縫いを行いました。
・写真ではお伝えし難いのですが、履き心地も非常に良く快適です。


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://kinntailor.blog98.fc2.com/tb.php/500-2b220262

プロフィール

KINN Tailor

Author:KINN Tailor
服部晋(はっとり すすむ)
金洋服店 2代目店主
10代半ばから父・金生に師事し、洋服作りを修業。
伝統的な裁断・縫製技術を磨きながら日々研究を重ね「斜面裁断」や「プルダウン」など独自の技法を開発。
近年では後進指導のための私塾やセミナーなどを開催する一方で、技術継承のためにDVD制作にも積極的に取り組んでいる。

カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR