FC2ブログ
Loading…

#382.上皇様の思い出

Posted by KINN Tailor on 13.2019 特別な話   0 comments   0 trackback
 「新しい裁断法によるパンツ」…その具体的製作例をお見せする途中では
ありますが、新しい時代『令和』を迎えた事もあり、4月30日をもって天皇
を退位
なされた明仁上皇陛下の思い出をお話ししたいと思います。

 上皇様昭和天皇の第一皇子として、昭和8年にお生まれになられました。
 それまでは3人続けて女のお子様でいらっしゃいましたので、待望の男の
お子様(皇太子殿下)がお生まれになったという事で、12月23日の早朝には
街中にサイレンが鳴り響き、大変な騒ぎとなったそうです(私は当時3歳でし
たので、記憶は薄っすら・・ですが)。
 その後、皇太子殿下は大変順調にお育ちになられましたが、日本が戦争
へと突入してしまった為、早くからご心労がおありになったと思われます。
 終戦後、少し世の中が落ち着いてきた昭和27年に皇太子殿下の立太子礼
が執り行われました。
 その際に私共から礼服一式を納めさせて頂いた訳ですが、その準備の時か
ら数えて、かれこれ70年近く御用を務めさせて頂いている事になります。

 上皇様のお洋服のイメージと言うと「ダブルのスーツ」(実際は三つ揃い)
とお答えになる方が多いと思います。
 上皇様は立太子礼の翌年に、エリザベス女王の戴冠式に陛下(昭和天皇)
の名代としてお出掛けになられましたが、その時に現地・英国の洋服屋さん
で礼服とスーツをお作りになられました。そしてデザイン等についても色々
とお話をお聞きになられたそうです。
 ご帰国後、仕立てられたスーツを拝見し、ご希望のデザインを等を伺って
新しい服を作らせて頂きました。その当時の英国の流行りは広目のラペルに
太目のパンツ
…というものでしたが、その頃の印象が強くお気持ちに残って
おられたようで、その後、服の流行がどんどん変わり、特にパンツはかなり
細くなっていったものですが、殿下はそのままの御寸法の物を好んでお召に
なっておられました。
 ある時、雑誌に「殿下、ズボンが太すぎます」という記事が載った事もあ
りましたが、「私はこのままで良いです」と仰って、寸法を弄る事はありま
せんでした。

 上皇様はご自分のスタイルをしっかりお持ちになっていて、皇太子殿下か
ら天皇陛下に即位なさってからも決して変わることはありませんでした。
 その一方で、お召になられた時の見え方・・と言いましょうか、お身体に
合ったサイズについてはとても細かく気にされていて、体形の変化に合わせ
たお洋服のケア
を頻繁になされていました。
 いつも同じデザインの服をお召になっている…という印象をお持ちの方も
いらっしゃると思いますが、お身体に合わせる為のお直しは、驚く程の頻度
でなされていました。

 洋服以外の事で、私の心に深く残っている事をお話しします。それは平成
23年の東日本大震災の後、お直し物があって御所へ伺いましたところ、天皇
陛下(当時)が次のように仰いました。
 「数日前に東北地方へお見舞いに行ったのですが、被災地は何しろ大変な
瓦礫でね・・あの瓦礫を早く片付けてあげないと、復興が進まないと思う
です。何とか上手い方法を見つけて、一日でも早く元の生活に戻れるように
してあげなければ
ならないと思っています」
 ・・何気ない服のお直しの場で、このようなお言葉を直に耳にし、本当に
始終国民の事をお考えになっておられるんだな…と、とても感動しました。

 上皇陛下には、いつ迄もお元気でお健やかにお過ごし頂きたいと思います。

**文中の立太子礼英国ご訪問について、ブログ#270.~272.「金洋服店
  とモーニング」で詳しく書いていますので、ぜひお読み下さい**<


    モーニング晋
 『令和』を迎え、お祝いの記帳に伺って来ました。
       〜令和元年5月2日〜


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://kinntailor.blog98.fc2.com/tb.php/497-373d02dc

プロフィール

KINN Tailor

Author:KINN Tailor
服部晋(はっとり すすむ)
金洋服店 2代目店主
10代半ばから父・金生に師事し、洋服作りを修業。
伝統的な裁断・縫製技術を磨きながら日々研究を重ね「斜面裁断」や「プルダウン」など独自の技法を開発。
近年では後進指導のための私塾やセミナーなどを開催する一方で、技術継承のためにDVD制作にも積極的に取り組んでいる。

カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR