FC2ブログ
Loading…

#377.新しい裁断法によるパンツ その壱

Posted by KINN Tailor on 04.2019 裁断の話   0 comments   0 trackback
 私の服作りにおけるテーマの一つが、「着心地の追求」です。少々大袈裟
に聞こえるかも知れませんが、人間は動く訳ですから、着心地を考えないと
結果的に"美しいライン"は出ない
…というのが私の考えです。
 特にパンツについては、相応の"拘り"があります。パンツは2本の脚が別々
に動くという事に加え、座ったり、しゃがんだり…と、幾つもの大きな動き
を考慮しなくてはなりません。それでいて見た目も美しく、例えO脚でもY脚
でも、極力それがわからないようにしなければなりません。

 父の時代、同業他者には、ジャケットについて色々とお好みや拘りを仰る
お客様が多くいらしたようですが、私共の店では(珍しい事に)パンツにつ
いて厳しく仰る方
が多かったとかで、父も相当研究を重ねていたようです。
 その影響もあるのでしょう、私は最初から「パンツは一筋縄ではいかぬ物」
という観念で修業をしていましたから、もしかすると他の方よりも拘りは多
いのかも知れません。

 私のパンツは「履きやすさ・動きやすさ・脚を綺麗に見せる垂れ」という
3点を特徴にしていますが、それには裁断だけでなくアイロンワークによる
"くせ取り"が重要になってきます。
 この「アイロンワーク」ですが…私は得意というか、大好きな作業の一つ
です。修行をしている頃に、アイロンワークによるくせ取りを習いました。
 最初、父がくせ取りをしている様子を見て、「何であんなに生地をあっち
に向けたりこっちに向けたりしてアイロンを掛ける必要があるんだろう?」
と、不思議に思ったものです。そして、くせ取りを勉強して行く内に、その
効果の素晴らしさを知り、ある意味"くせ取りにのめり込む”ように研究を重
ねて行った訳です。
 今迄のくせ取りをより効果的に、そして今まで”くせ”を取っていなかった
所も"くせ"を取る事によって履き心地が良く、動きやすくする事ができたの
です。またくせ取りの影響で裁断が変わった所もありました。

 こうしてくせ取りを研究し続けて来た訳ですが、数年前からくせ取りを減
らす方向
で、同じ履き心地を実現する方法はないか?…と思い始めました。
一般的なスーツ生地ですと全く問題ないのですが、生地がとても厚かったり
硬い場合などに充分に"くせ"が取れない場合があったりするからです。
 そんな時に、考えたのが今回紹介する裁断法によるパンツです。
 脚の運動量は圧倒的に後側が多いので、パンツのくせ取りも後身が多く
なります。特に後身の内側のくせ取りが多いので、これをどうにか工夫でき
ないかを考えあぐねた末、「新しい裁断法」を思いつきました。

 4年程前にこのブログでも簡単に紹介しましたが、次回からその裁断法
と実際に仕立てる様子
を何回かに分けてご紹介していきたいと思います。

〈つづく〉


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://kinntailor.blog98.fc2.com/tb.php/492-5f706e56

プロフィール

KINN Tailor

Author:KINN Tailor
服部晋(はっとり すすむ)
金洋服店 2代目店主
10代半ばから父・金生に師事し、洋服作りを修業。
伝統的な裁断・縫製技術を磨きながら日々研究を重ね「斜面裁断」や「プルダウン」など独自の技法を開発。
近年では後進指導のための私塾やセミナーなどを開催する一方で、技術継承のためにDVD制作にも積極的に取り組んでいる。

カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR