FC2ブログ
Loading…

#371.クラシカルなフロックコート

Posted by KINN Tailor on 03.2018 オーバーコートの話   0 comments   0 trackback
 先日、久し振りに「フロックコート」のご注文を頂きました。
 お客様がご希望のデザインの写真をお持ちになったのですが、かなりクラ
シック
なタイプで、私は以前見た事はあったものの、実際に仕立てた経験が
ないタイプの物でした。
 今回は、そのフロックコートについてお話したいと思います。

 まず簡単に説明しますと…下のイラストのタイプが基本のフロックコート
のデザイン
になります。
 1800年代は、このデザインでダブルとして前の釦を全て掛けて着ていまし
た(一番上は飾り)。
フロック基本形

 その後、デザインはそのままで前を拝み釦にしてシングルとして着るよう
になり(左下のイラスト)、現在でも一般的にはそのような着方となってい
ます。この着方ですと上着を着ていてもベストが見えますし、釦から裾まで
が綺麗に開きます
ので、全体的に華やかな雰囲気になります。それがフロッ
クコートの人気の秘密と言えると思います。
フロックの現代&今回
 右のイラストが今回ご注文頂いたデザインで、特徴はダブルにした際に全
ての釦が掛かるようにしている
事と、袖口にカフが付いているという点です。
 私はこのデザインのフロックコートを実際に見た事がありませんでしたが、
お客様がお持ちになった写真はそのようなっていましたので、きっとこれが
フロックコートのクラシックなのだと思います。
 ただ、実際にお召になる際にはシングルとして…というご希望ですので、
その辺りの風合いの違いがどうなるかは、後日仕上がってからご覧頂く事
にしたいと思います。

 次にベストです。ベストはダブルで襟付きのデザインです。
    フロックベスト**
 特徴としては、上着と同じように前身の中央に縦の縫い目がある…という
点です。
 昔の礼服は全てそうでしたが、上着の端をワナにして裁っていたため前身
の中央に縫い目線
が入っていました。現在ではこの裁ち方はフロックコート
だけですが、昔はベストも端をワナにしていたのかも知れません。
 今回は、「そこまでする必要は・・」という事でしたので、縫い目線だけ
入れたデザイン
にしました。

 いつも礼服を作らせて頂く時には、特別な気持ちになります。
 今回は、既になくなってしまった昔のデザインのフロックコートを作らせ
て頂く機会に恵まれ、お客様以上に私がワクワクしている感じです。
 既にお客様にお許しを頂いていますので、完成した際には本ブログで紹介
させて頂きます。


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://kinntailor.blog98.fc2.com/tb.php/486-55c898f0

プロフィール

KINN Tailor

Author:KINN Tailor
服部晋(はっとり すすむ)
金洋服店 2代目店主
10代半ばから父・金生に師事し、洋服作りを修業。
伝統的な裁断・縫製技術を磨きながら日々研究を重ね「斜面裁断」や「プルダウン」など独自の技法を開発。
近年では後進指導のための私塾やセミナーなどを開催する一方で、技術継承のためにDVD制作にも積極的に取り組んでいる。

カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR