FC2ブログ
Loading…

#363.土筆ヶ岡養生園の話 その壱

Posted by KINN Tailor on 13.2018 懐かしい話   0 comments   0 trackback
 今年は記録的な猛暑続きで、皆さん体調管理に気を使われている事と思い
ます。私はできるだけ外出をせず、涼しい部屋に居るようにしています。
お陰様で今のところ熱中症や夏バテといった事にもならず、どうにか無事に
過ごせています。
 私はよく人から「年齢の割にお元気ですね…」と言われます。元々、丈夫
な生まれつきだったのだと思いますが、そんな私も子供の頃には長く入院
ていた時期がありました。
 今回はその頃の話をしたいと思います。 

 私が小学校6年の時、学校の検診で「呼吸器に多少の不具合があるので、
体育の時間にあまり無理をしないように…」と言われました。ただ、胸が苦
しかったり、咳が出るような目立った症状がある訳ではなかったので、授業
は普通に受けていました。
 母は検診結果が心配だったようで、「もう少し詳しく診て頂きましょう」
と言って、知り合いの内科と呼吸器科の先生に私の検査をお願いしました。
 検査の結果は、「特に重い症状ではないから、普通の生活をして、薬を少
し飲むように…」というものでした。当時は呼吸器に効果がある薬はなかっ
たので、「ヒ素」を処方してもらいました。
 「ヒ素」と言うと、ちょっと驚かれるかも知れませんね。一種の毒薬では
ありますが、当時は呼吸器の病気に薬として用いられていたのです。

 その後は特に変わりなく過ごしていたのですが、中学校に入ってからは、
体育の授業に教練(・・・戦時中のため、中学からは軍隊の厳しい訓練が
組み込まれました)があったため、保健の先生から「しばらく学校を休んで
養生をしなさい」
と言われ入院することになりました。
 今思えば、体育の授業だけ見学すれば良かったのですが、中学生の教練と
言っても、陸軍から軍人が来て教えていましたし、銃を持っての訓練もあり
ました。そして、いわゆる軍国主義だったのでしょう…そういった教練を受
けられない人は、「養生して早く動けるように(お国のために役に立つ身体
になりなさい)」…という考えだったのだと思います。

 当時、呼吸器専門の病院はあまりありませんでしたが、運良く父のお客様
北里研究所の先生がいらして、白金にできた日本初の呼吸器専門の施療院
「土筆ヶ岡(つくしがおか)養生園・北里研究所付属病院」をご紹介頂き、
入院することになりました。
 ここで少し説明しますと…「呼吸器の病気」という表現をして来ましたが、
それは今で言う「結核」です。戦後は「結核という病名」をハッキリ言うよ
うになりましたが、この当時はまだ特効薬もなく「肺の病気は厄介」という
印象が強く、忌み嫌われていたため『呼吸器の病気』と言っていた訳です。

 さて私にとっては初めての入院となった訳ですが、初日に病院の入り口に
行ってビックリしました。
 それは「・・病院」と札は掛かっていましたが、昔の「武家屋敷」だった
のです。

〈つづく〉


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://kinntailor.blog98.fc2.com/tb.php/478-874625f1

プロフィール

KINN Tailor

Author:KINN Tailor
服部晋(はっとり すすむ)
金洋服店 2代目店主
10代半ばから父・金生に師事し、洋服作りを修業。
伝統的な裁断・縫製技術を磨きながら日々研究を重ね「斜面裁断」や「プルダウン」など独自の技法を開発。
近年では後進指導のための私塾やセミナーなどを開催する一方で、技術継承のためにDVD制作にも積極的に取り組んでいる。

カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR