Loading…

♯353.タキシードの話

Posted by KINN Tailor on 12.2018 礼服の話   0 comments   0 trackback
 今から40年位前迄、男性はある程度の年齢になったり、地位に就いたり
するとモーニングコートを仕立てる(または購入する)のが一般的でした。
 また、かのバブルの時代には20代でもタキシードを持っている・・・と
いう事もありました。 現在は、残念ながら着ていく場が少なくなったのか、
ダークスーツ的な物で良しとする風潮になってしまったのか…?、実際の
ところはわかりませんが、礼服を持っている方がとても少なくなってしまい
ました。

 そんな今でも、礼服に関する質問を頻繁に受けますので、全体として数
は減ったものの、興味のある方はまだまだいらっしゃるのだ…と思うと少し
ホッとします。

 先日も、タキシードについて質問を受けました。内容は、「ダブルのタキ
シードの場合でもベストは必要か?」
というものでした。
 ダブルの場合はベストが見えないので、着る必要がない…と思っていらっ
しゃる方もおられるようですが、洋服はダブルでもシングルでも三つ揃い
が正式
ですので、たとえ見えなくてもベストを着るのが正しいと言えます。
 「では、正式なタキシードはベストを着るものなのですね?」と聞かれて、
色々話してみると、質問者の言う"正式"は「正式な礼装としてのタキシード」
という意味でした。そうなると、この"正式"という言葉が引っ掛かって来ます。

 ・・・と言うのも、"正式の礼装"という事になりますと、タキシードは元々
燕尾服の略装
ですから、「正式なタキシード」という物はありません。
 もし言うのであれば…「タキシードとしての正式な着方」、もしくは「最も格
の高いタキシード」という表現の方が適切でしょう。
 では、「カマーバンド」はどうなのか・・・と思われる方もいらっしゃるかも知
れませんが、そもそもカマーバンドは暑い国や場所でベストの代わりに着用
したものですから、間違いではありませんが、出席する場によっては、ベスト
よりも軽く見られるかも知れません。
 以前、散々悩んだ挙句、カマーバンドをした上にベストを着て出席した…と
いう話を聞いた事がありますが、これは悩み過ぎで、どちらかにしなければ
なりません。
 "正式な・・・"については、少々こじつけっぽく思われるかも知れませんが、
「礼服の正しい知識」という事でご理解頂きたいと思います。

 (DVD 『礼装についてお話ししましょう』 で、その辺りを網羅してあります)

 次回は、礼服で意外と質問が多い「拝絹」についてお話ししたいと思います。


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://kinntailor.blog98.fc2.com/tb.php/468-165dd809

プロフィール

KINN Tailor

Author:KINN Tailor
服部晋(はっとり すすむ)
金洋服店 2代目店主
10代半ばから父・金生に師事し、洋服作りを修業。
伝統的な裁断・縫製技術を磨きながら日々研究を重ね「斜面裁断」や「プルダウン」など独自の技法を開発。
近年では後進指導のための私塾やセミナーなどを開催する一方で、技術継承のためにDVD制作にも積極的に取り組んでいる。

カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR