FC2ブログ
Loading…

#351.Extra-お客様の服 カシミアのジャケット

Posted by KINN Tailor on 12.2018 お客様の服   0 comments   0 trackback
 今年最初にお納めした服が、Johnstonsの生地で作ったジャケットでした。
 とても素敵なジャケットでしたので、ご紹介したいと思います。


◇お客様のジャケット

◎表地:カシミア 100% (340g)
◎裏地:キュプラ 赤紫
◎ 釦 : 革 赤茶


〈斜め前〉             〈正面〉               
JS斜め**pg JS正対**
・デザインは、英国のハンツマン(HUNTAMAN)を参考にされました。
 前はお客様お好みの高め&1つ釦。
・ラペルはピーク、ポケットはチェンジ付きのスラントポケット。

〈後ろ〉              〈ネーム タグ〉 
JS後ろ** JSネームタグ**
・サイドベンツ
*Johnstonsは、最近ではマフラーなどの小物の方が多くなって、生地の扱いが
 少ないようですが、生地に関しては英国の伝統的な大きな柄物が多いようです。


〈サンプル生地〉  
JS生地見本**

〈特徴的な袖周り〉 
JS袖**
・袖口には後ろ半分がカーブしたカフ
・袖釦は4つ(3つが本開き)

 この生地を見本の小さいサイズで見た時には、かなり個性的な柄…という
印象でしたが、お客様は大変服に詳しい方で、様々な生地で作られている
経験からか、「小さな生地だと派手そうに見えるけど、ジャケットになったら
それ程でもないでしょう」…と仰られて、この生地を選ばれました。
 でき上がってみると、お客様の仰る通り、とてもお洒落で素敵な柄のジャ
ケットに仕上がりました。

 最近は、無地やストライプ柄を選ばれる方が殆どで、このタイプの柄物を
仕立てる機会がめっきり少なくなりました。
 久し振りでしたが、実に味わい深い仕事をさせて頂いたように思います。


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://kinntailor.blog98.fc2.com/tb.php/464-2f1582b6

プロフィール

KINN Tailor

Author:KINN Tailor
服部晋(はっとり すすむ)
金洋服店 2代目店主
10代半ばから父・金生に師事し、洋服作りを修業。
伝統的な裁断・縫製技術を磨きながら日々研究を重ね「斜面裁断」や「プルダウン」など独自の技法を開発。
近年では後進指導のための私塾やセミナーなどを開催する一方で、技術継承のためにDVD制作にも積極的に取り組んでいる。

カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR