Loading…

#342.特殊な体形について その七

Posted by KINN Tailor on 16.2017 採寸の話   0 comments   0 trackback
 今回は、ベストとパンツの採寸です。

■ベストの採寸

①襟開OP(Open)
18ベストオープン
・ソケットボーンからベストのVゾーンの上端迄を計ります。

②脇丈SL(Side Length)
19ベスト脇丈
・ソケットボーンから首の付け根を通り、ベストの脇の長さを計ります。注)1

③前丈FL(Front Length)
17ベスト前丈
・ソケットボーンからベストの前の開き迄を計ります。注)2

④背丈BL(Back Length)
20ベスト背丈
・ソケットボーンからパンツの上が隠れる位の長さを計ります。

*尚、最近はベストを短めに作る傾向がありますが、本来は手を上げたり、
 前かがみになってもシャツが見えない長さに仕立てるのが基本です。
注)1、2も同様で、ベルトが見えない長さ迄を計るようにします。


■パンツの採寸

 イラストの箇所↓を計ります。
img006.jpg

①パンツ丈OS(Out Seam)
・腰のくびれた所から靴のかかとの上迄計り、そこから1.5~2cm短くします。
・かかとが高い靴の場合は、短くする量を少なくします。

②股下IS(In Seam)
・物差しを股に入れ、靴のかかとの上迄を計ります。パンツ丈と同様に調整します。

③ふくらはぎCA(Calf)
・パンツの裾位置からふくらはぎの一番張っている所迄を計ります。注(3

④腿T(Thigh)
・腿にメジャーを巻き、お客様に確認をしながら、適当な緩みを付けて計ります。

⑤膝K(Knee)
・膝の位置でパンツの幅を計ります。

⑥裾B(Bottom)
・裾の位置で幅を計ります。
*モーニングカットにする場合は、靴との関係を考えて前上がりの量
 決めます。

 パンツの採寸をする際に注意しなければならないのが、脚の形です。
 残念な事に、脚が真っ直ぐな方は比較的少なく、大抵はX脚であったりO脚
だったりします。特に日本人に多いのはO脚ですが、極端に膝と膝の間が開
いている方の場合など、三角定規を使って離れ具合を確認させて頂く場合も
あります。
 また、ふくらはぎの張り具合を知っておく事も大切です。ふくらはぎの高さを計るだけではなく、
直接ふくらはぎを触って張り具合を確認するようにしましょう。

⑦ふくらはぎの具合を確認
22ふくらはぎ1

・極端なO脚やふくらはぎの張りが強い場合は、それなりの細工が必要になります。
"それなりの工夫"については、別の機会に説明したいと思います。)

 次回から、製図について解説していきます。



  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://kinntailor.blog98.fc2.com/tb.php/455-97e1547c

プロフィール

KINN Tailor

Author:KINN Tailor
服部晋(はっとり すすむ)
金洋服店 2代目店主
10代半ばから父・金生に師事し、洋服作りを修業。
伝統的な裁断・縫製技術を磨きながら日々研究を重ね「斜面裁断」や「プルダウン」など独自の技法を開発。
近年では後進指導のための私塾やセミナーなどを開催する一方で、技術継承のためにDVD制作にも積極的に取り組んでいる。

カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR