FC2ブログ
Loading…

339.特殊な体形について その四

Posted by KINN Tailor on 04.2017 採寸の話   0 comments   0 trackback
 今回は「斜辺裁断」について説明します。 

 私は最初から短寸式を勉強して製図をしていました。短寸式は細かい数字
がわかるので、体形に合った製図ができ、他の採寸法より良い・・・という
のが私の感想です。
 それでも実際に服を作ってみると、背の長さが不足する…つまり服の背の
裾がハネる等、時々妙な事が起りました。
 色々悩んだ末に出た答えが、「肩甲骨の膨らみ分が不足している」という
事でした。

 ところが、その頃は肩甲骨の膨らみを計る方法はありませんでした。そこ
で、膨らみを計る為に、幾つかのポイントを決めました。
 私なりに考えたポイントは、以下の4つです。
①ソケットボーン ②鎌深 ③脇 ④肩先 
(図 イラスト1)
 その計り方は・・・
①〜②:ソケットボーンから鎌深(高さ) 
②〜③:鎌深から脇(底辺) 
③〜④:脇から肩先(肩の高さ) 
③〜①:.脇からソケットボーン(内側斜辺)
及び
②〜④:鎌深から肩先(外側斜辺)
・・・です。
特殊体形 採寸4

 計った数字を使うと、2つの三角形が描けます。
(図 イラスト2)
 この三角形の形を見るだけで、概ねその肩周りの体形を掴む事ができます。
 例えば、日本人に多い「イカリ肩」の場合は、③~④が長くなるか①~②
が短くなります。
 内側斜辺①~③を計る事によって、首の位置が前に付いているか、後に付
いているかがわかります。
 また外側斜辺④~②を計る事によってどれ位前肩か…が数字でわかるよう
になりました。
 一番知りたかった肩甲骨ですが、膨らんでいる人は①~③、②~④の寸法
が長くなりますので、①~④の間隔が広くなります。その場合は、肩のイセ
込みが沢山必要になる・・と言ったような具合に、肩甲骨周りの数字を知る
事で、膨らみだけでなく肩や首の位置もわかるようになったので、それ迄と
は全く違う感覚の製図となり、後身頃の下がり具合が格段と綺麗になったの
です。

 次回から採寸の続きに戻ります。

〈つづく〉


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://kinntailor.blog98.fc2.com/tb.php/452-fe06c284

プロフィール

KINN Tailor

Author:KINN Tailor
服部晋(はっとり すすむ)
金洋服店 2代目店主
10代半ばから父・金生に師事し、洋服作りを修業。
伝統的な裁断・縫製技術を磨きながら日々研究を重ね「斜面裁断」や「プルダウン」など独自の技法を開発。
近年では後進指導のための私塾やセミナーなどを開催する一方で、技術継承のためにDVD制作にも積極的に取り組んでいる。

カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR