Loading…

#332.研ぎの話

Posted by KINN Tailor on 26.2017 道具の話   1 comments   0 trackback
 仕事で、私が毎日使う(ハサミ)があります。

 一般的に「裁ち鋏」と呼ばれている大きさの物がありますが、私の場合は
それより大きい物を「裁ち鋏」として使っていますので、この大きさの鋏の
事を「仕事鋏」と呼んでいます。
 昔は鋏の事をその大きさ=「寸」を付けで区別していました。その言い方
ですと、私の仕事鋏は「9寸(約27cm)鋏」になります。

 「仕事鋏」は、切り躾を始め色々な所で使いますので、頻繁に"研ぎ"に出
さなくてはなりません。いつもは近所の金物屋さんに頼んで、鋏のメーカー
に出していました。
 ところがそのメーカーが鋏の製造を止めてしまい、どうなる事かと思って
いましたら、「研ぎだけは継続します」と言うので、ホッと一安心した矢先
・・・いざ出して、仕上がって来た物を手に取ってみると、どうもいつもと
感じが違うのです。
 切れ味も何となく違いますし、一番「おや?」と思ったのは、何も切らず
に、刃と刃を合わせたり開いたりした時の感覚がいつもと違うのです。
 暫く使いましたが、案の定すぐに切れ味が悪くなってしまいました。研ぐ
職人さんによっても仕上がりは違うのかも知れませんが、また同じ所に出す
気はしませんでした。
 昔は近所に「研ぎ屋さん」があったりして色々と試したりできたのですが、
今は見かけなくなりました。

 結局、誰もが名前を知っている有名なお店にお願いするしか手がありませ
んでした。結果的には、良く研げていて問題はありませんでしたので、他の
仕事鋏も続けて研ぎに出してみました。すると・・・また、何か違う感じ
するのです。
 私が一番長く使っている仕事鋏は60年位前の物で、他の2本はここ14~5年
前に購入した物です。どれも同じように研げていますが、やはり60年位前の
物が一番良く切れますし、何となく重量感もあり、刃も厚いような気がする
のです。そこで…比べてみました。
 すると、やはり60年前の物が一番重く264g、他は234gと230gでした。

◇私の「仕事鋏」
鋏**jpg
・一番上から古い順。長さも少々違います。

 道具も50年も経てば変わる…という事なのでしょう。
 原料の鋼も昔の物とは違うでしょうし、目方(重量)や長さもその時代に
合わせて変わるのは仕方のない事だと思います。
 今一番心配な事は、「裁ち鋏」として使っている一番大きな鋏の研ぎを、
引き受けてくれる所がない…という事です。
 既に永年経っていますので、研ぐと鋼が保たないのではないか?…という
のが理由です。
 裁断の時はこの鋏が一番しっくり来るので、いつまで使えるのか…が大い
に気になるところなのです。

このコメントは管理人のみ閲覧できます
2017.06.26 07:54 | | # [edit]


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://kinntailor.blog98.fc2.com/tb.php/445-4f5596a9

プロフィール

KINN Tailor

Author:KINN Tailor
服部晋(はっとり すすむ)
金洋服店 2代目店主
10代半ばから父・金生に師事し、洋服作りを修業。
伝統的な裁断・縫製技術を磨きながら日々研究を重ね「斜面裁断」や「プルダウン」など独自の技法を開発。
近年では後進指導のための私塾やセミナーなどを開催する一方で、技術継承のためにDVD制作にも積極的に取り組んでいる。

カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR