Loading…

#326.スポーツジャケットの仕立て その二十二

Posted by KINN Tailor on 08.2017 ジャケットの話   0 comments   0 trackback
 スポーツジャケットの仕立てを掲載し始めてから、早いものでもう半年が
経ちました。今回からいよいよ袖作りに入ります。

◎袖釦は4つ。2つを本開き、2つを飾りにします。
0半年経ちました

①裏地を裁断する
1裏地を裁断
・裏地に表地を載せてチョークを引きます。
・袖口の所には、釦の位置も示しておきます。


②アイロンでクセを取る
2クセを取る
・山袖の前が下袖に被るようにするため(縫目が見えないように)、クセを
 取ります。
・袖口の折り返し部分も綺麗に折れるようにクセを取ります。
・クセを取った所をたたむと…縫い目になる箇所が内側に入っているのが
 わかります。


③袖を作る
3袖を作る
・袖の前側を縫い合わせて、縫い目を割ります。
・たたむと、右上の写真ようになります。


④袖口の下準備をする
4袖口の下準備
・袖口の折り返しは10cmです。
・力布を折り返しよりも2cm程長く切り、据えます。
・周りは地縫い糸でからげておきます。


袖口の折り返しが10cm!…と聞いて、驚かれる方もいらっしゃると思います
 が、これも私共独特な仕立て方の一つです。
 なぜそうするか?…それは、後から袖の長さを出したい時に対応できるよう
 にするためです。
「釦の穴を開けてしまうのに長くできるの?」と不思議に思われる方のために
 作り方を下のイラストでご説明しましょう。
5袖口イラスト
・上から1~2つ目の穴を飾り穴にしておけば、袖を伸ばした後に穴の位置
 を下に持って行く事ができるのです。


 ご本人のお直しではなく、お子さんやお孫さんへ譲られる方も少なくありません。
そのような時こそ、このやり方で良かった・・・と、つくづく思う瞬間なのです。

 次回は、袖を仕上げていきます。

〈つづく〉


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://kinntailor.blog98.fc2.com/tb.php/439-f3d56d3b

プロフィール

KINN Tailor

Author:KINN Tailor
服部晋(はっとり すすむ)
金洋服店 2代目店主
10代半ばから父・金生に師事し、洋服作りを修業。
伝統的な裁断・縫製技術を磨きながら日々研究を重ね「斜面裁断」や「プルダウン」など独自の技法を開発。
近年では後進指導のための私塾やセミナーなどを開催する一方で、技術継承のためにDVD制作にも積極的に取り組んでいる。

カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR