Loading…

#324.スポーツジャケットの仕立て その二十

Posted by KINN Tailor on 17.2017 ジャケットの話   0 comments   0 trackback
 今回は、身頃に襟を付けてプルダウンをします。

①襟の準備
1襟の準備
・まず、襟にハ刺しをします。
・身頃の切躾をチョークでなぞり、襟を付ける位置を確認します。


②襟を付けていく
2襟を付けて
・襟の位置を合わせ、肩の縫い目から背の縫い目迄を止めます。
・次に襟止まりから、肩の縫い目の手前 2~3cm迄を止めます。

2襟を付けて2
・襟は長めに裁っているので、余っている襟を肩から 2~3cmの間に縮めて
  付けます。
・反対側も同じようにして付け、全体が止まったら地縫い糸で身頃にからげます。


③プルダウンをする
3プルダウン
・はじめは内側からアイロンをかけます。
・襟を縮めた辺りにスチームを充分にかけ、返り線下方向へ伸ばします。
・しっかり伸ばしたら、スチームを止めて熱を加えます。

3プルダウン2
・次に表側からも、襟を縮めた所にアイロンを当てて伸ばします。
・同じように熱を加えます。

3プルダウン3
・肩の縫い目より前に溜まった布を、襟を引きながら伸ばし・・・
・アイロンで押さえます。

3プルダウン4
・襟を折り、同じく下方向へ伸ばします。
3プルダウン5
・今度は、襟の後ろ側を折って、形が出るようにアイロンをかけます。
・外側からも形を出していきます。

3プルダウン6
・着てみました・・・・ 襟が首にぴったり沿って付いています。

プルダウンの説明時には「伸ばす」という言葉を良く使いますので、襟全体
 を伸ばしているような印象を持たれるかも知れませんが、実際には襟を縮めた
 2~3cmの所を重点的に
伸ばしています。
 他の箇所を伸ばしてしまうと、襟が抜けてしまう原因となり、逆効果となり
 ますので注意して下さい。


プルダウンについては、DVD「服部晋の洋服の作り方」の中で詳しく
 説明しています。

 次回は、上襟掛けに移ります。

〈つづく〉


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://kinntailor.blog98.fc2.com/tb.php/437-98cdc373

プロフィール

KINN Tailor

Author:KINN Tailor
服部晋(はっとり すすむ)
金洋服店 2代目店主
10代半ばから父・金生に師事し、洋服作りを修業。
伝統的な裁断・縫製技術を磨きながら日々研究を重ね「斜面裁断」や「プルダウン」など独自の技法を開発。
近年では後進指導のための私塾やセミナーなどを開催する一方で、技術継承のためにDVD制作にも積極的に取り組んでいる。

カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR