Loading…

#322.スポーツジャケットの仕立て その十八

Posted by KINN Tailor on 03.2017 ジャケットの話   0 comments   0 trackback
 先週に引き続き、肩入れの解説をします。

①肩を縫い合わせる
1肩を縫い合わせる
・前後の肩の縫い目を合わせて、躾糸で止めます。
1肩を縫い合わせる2
・肩は手縫いで入れます。
・穴糸にロウを引き、アイロンをかけてロウを糸に馴染ませます。

1肩を縫い合わせる3
・返し縫いで縫っていきます。
*肩を穴糸を使って返し縫いで縫う理由 
 肩は力がかかる箇所なので、ミシン糸よりも太い糸で縫いたい…という事と、
 返し縫いだとミシン目よりも粗く糸が入るので柔らかく仕上がるという事です。


②アイロンをかける
2アイロンかけ
・縫い目をアイロンで割ります。
・この時も、鉄台の丸みを利用して、肩が前肩になるようにアイロンをかけます。
・表側からもアイロンをかけます。

2アイロンかけて2
・肩が入りました。
・躾で肩の縫い目を押さえます。

2アイロンかけて3着てみる
・ちょっと着てみました・・・
 とても着やすいジャケットになりそうです・・・。


 次回は、いよいよです。

〈つづく〉


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://kinntailor.blog98.fc2.com/tb.php/434-8da16ba9

プロフィール

KINN Tailor

Author:KINN Tailor
服部晋(はっとり すすむ)
金洋服店 2代目店主
10代半ばから父・金生に師事し、洋服作りを修業。
伝統的な裁断・縫製技術を磨きながら日々研究を重ね「斜面裁断」や「プルダウン」など独自の技法を開発。
近年では後進指導のための私塾やセミナーなどを開催する一方で、技術継承のためにDVD制作にも積極的に取り組んでいる。

カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR