Loading…

#320.スポーツジャケットの仕立て その十六

Posted by KINN Tailor on 20.2017 ジャケットの話   0 comments   0 trackback
 今回は、いよいよ脇入れです。

①まず(脇入れの前に)、裏ポケットの裏地を始末する
1-1裏地の始末
・口の端を指で確認します。
・口の大きさにあわせてチョークを引きます。

1-2
・鋏を入れ・・・・
・裏地を折って止めます。


②前身頃に後身頃を載せて止める
2前身頃に後ろ身頃
・前身頃の脇の縫目にチョークを入れます。
・後身頃は裁ち切りなので、チョークに合わせて載せ・・・
・躾で止めます。


③脇縫い目にミシンをかける
3脇縫い目
・もう片方の身頃も同じように躾で止めます。
・ミシンをかけます(この布は解れ易いので、少し内側を縫います)。
・脇をアイロンで割ります。
*アイロンをかける際には、前身の形をなぞるように、ダキの所には膨らみ
 を付け、腰回りはシャクらせ、お尻周りにまた膨らみを付けるようにアイロン
 をかけます。
・脇が繋がりました。


④余分な布をカット
4多すぎる布をカット
・脇の縫込みの多過ぎる所をカットします。
・裾もカットします。


⑤裾の始末をする
5-1裾の始末
・テープをアイロンで貼ります。
・その後、テープを千鳥縫いで止めます。
・裾を折って、千鳥縫いで止めます。

5-2.png
・次にポケットを裾の上に載せて、地縫い糸で止めます。
・ベントは、上前側は裾を先に折ります。
・下前側は縫い代(縦)を先に折るようにします。
・裾上げが終わりました。

 服を仕立てる手順は、仕立てる人よって変わって来る事があります。
「裏地をいつ仮止めするか・・・」等は、その一例と言えます。
 私のように脇を縫う前に裏地を付けると、脇を縫う際に裏地を一緒に縫って
しまう可能性がありますので、脇を入れてから…という人も多く居ます。
 私の場合は昔からの習慣で、「前身頃が形になった=裏地が仮付けされる」
までが一区切り…となっていたために、今でも何となくその手順で行っています。

 次回は、肩入れを説明します。

〈つづく〉




  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://kinntailor.blog98.fc2.com/tb.php/432-d1dd0564

プロフィール

KINN Tailor

Author:KINN Tailor
服部晋(はっとり すすむ)
金洋服店 2代目店主
10代半ばから父・金生に師事し、洋服作りを修業。
伝統的な裁断・縫製技術を磨きながら日々研究を重ね「斜面裁断」や「プルダウン」など独自の技法を開発。
近年では後進指導のための私塾やセミナーなどを開催する一方で、技術継承のためにDVD制作にも積極的に取り組んでいる。

カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR