Loading…

#316.スポーツジャケットの仕立て その十三

Posted by KINN Tailor on 20.2017 ジャケットの話   0 comments   0 trackback
 さて今週は、身返しを据えていきましょう。

①身返しの下半分を躾で止める
1躾で止める
・身頃の第一釦の位置を確認します。
・身返しの位置を合わせて載せ、第一釦から下を躾で止めます。


②上半分を止める
2_1上半分
・第一釦から上を躾で止めていきます。
・身返しの外側に出っ張らした所を、身頃の端に合わせて内側に入れ込んで
 止めます。
・ラペルの角も、身返しがあまるように、両側から生地を寄せてきて止めます。
*身返しの形については、〈♯313 ⑥:裁ち合わせのイラスト〉をご覧下さい。

2_2.png
・躾が止め終わりました。
・ラペルの角はご覧のように膨らんでいます。


③ミシンを掛けて割る
3ミシンかけ
・ミシンを掛けた後、まず身頃側をアイロンで割ります。
・地縫い糸でからげます。


④身返し側も止める
4見返しも
・身頃の襟どまりに鋏を入れて、ラペルの部分も割ってからげます。
・身返し側は第一釦から上は柔らかくアイロンをかけ、釦から下はしっかり
 内側に引きながらアイロンをかけます。
・同じように地縫い糸でからげます。

4_2.png
・ラペルの角は三角に折ってからげます。

⑤身返しを返す
5_1見返し返し
・身返しを返して躾で止めてアイロンをかけます。
5_2.png
・袋布を芯に止め、身返しの内側に躾糸を入れます。
・身返しが返りました。服としての"表情"が出て来ました。


 次回は、裏地"裁ち合わせ"です。

〈つづく〉


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://kinntailor.blog98.fc2.com/tb.php/428-b35ebc28

プロフィール

KINN Tailor

Author:KINN Tailor
服部晋(はっとり すすむ)
金洋服店 2代目店主
10代半ばから父・金生に師事し、洋服作りを修業。
伝統的な裁断・縫製技術を磨きながら日々研究を重ね「斜面裁断」や「プルダウン」など独自の技法を開発。
近年では後進指導のための私塾やセミナーなどを開催する一方で、技術継承のためにDVD制作にも積極的に取り組んでいる。

カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR