Loading…

#311.Extra-お客様の服 オーストリアの民族衣装

Posted by KINN Tailor on 16.2017 お客様の服   0 comments   0 trackback
 改めまして、明けましておめでとうございます。
 今年最初のブログは、パルトーと前後して昨年末に仕上がったお客様の服
を紹介させて頂きます。

 今回ご紹介するのは、ちょっと珍しい"民族衣装"で、ヨーロッパのアルプス
周辺・・・スイス、オーストリア、イタリア北部の山岳地帯に住んでいた人達
が着ていた、非常に古くから受け継がれているスタイルのジャケットです。
 現在でもその辺りのホテルの人が制服にしていたり、現地の人達がお祭り
の時に着用しているのだそうです。

 この服を作られたお客様は、オーストリアの山案内人のグループのメンバー
として活動されている方で、特に案内人の制服という訳ではないそうですが、
皆さん好まれて着ていらっしゃる…との事。
 2017年、このお客様が役員として、日本の山を案内される事になったので、
この伝統的な衣装を知ってもらおう…と、色違いで3着!新調されました。

◇その壱:紺地に深緑の伝統的な色使い 
オースト紺:緑
・襟とポケットのフチに深緑の生地を用いる事が習慣となっている
 昔ながらのスタイル
・釦は全て鹿の角を削って作られたハンドメイド品
(今回使用した釦は、お客様のご令嬢が海外で求められた物)


◇その弐:紺地に赤のアクセント
オースト紺:赤
・上記と同スタイルで、フチを赤にアレンジ

◇その参:グレー地にゴールドのアクセント
オースト:グレー
・ややゴージャスな印象に
・いずれも裏地には遊び心を入れて、少し派手な色を選択



 伝統と遊び心を同居させ、着る楽しさが伝わって来そうな仕事でした。


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://kinntailor.blog98.fc2.com/tb.php/423-ef4cabf1

プロフィール

KINN Tailor

Author:KINN Tailor
服部晋(はっとり すすむ)
金洋服店 2代目店主
10代半ばから父・金生に師事し、洋服作りを修業。
伝統的な裁断・縫製技術を磨きながら日々研究を重ね「斜面裁断」や「プルダウン」など独自の技法を開発。
近年では後進指導のための私塾やセミナーなどを開催する一方で、技術継承のためにDVD制作にも積極的に取り組んでいる。

カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR