Loading…

#301.スポーツジャケットの仕立て その壱

Posted by KINN Tailor on 31.2016 ジャケットの話   0 comments   0 trackback
 寒暖差の激しいこの頃ですが、スポーツをするにはとても心地よい季節に
なりました。そこで今回から「スポーツジャケットの仕立て」についてお話
しようと思います。
 実際に1着のジャケットの仕立てを解説していきますが、特に私が拘って
いるポイント
に焦点を絞って説明して行きたいと思います。

 まず素材ですが…表地はやや柔らかめのツィードです。色味はやや濁った
赤、青と白のマイクロチェック柄です。
表生地
◎表生地:Harris Tweed Made in Scotland

 裏地は赤色系統によく合う茶色カラークロス濃いめのエンジ色を選びました。
裏&カラクロ
◎裏地(左):キュプラ100%
◎カラークロス(右):ウール100%

 水牛の角。濃い茶色に節が入った物です。
釦
◎釦:水牛 前釦 20mm、袖釦 15mm


デザインは、シングル3つ釦でノッチラペル(ストームタブ付き)、ベンツ
はセンター
です。
 ポケットは胸は箱ポケット脇は玉縁フラップ付きで、チェンジポケット
を付けスラントにします。
スポジャケサイン
  スラントポケットなので、第二釦の位置をポケットの角度に合わせて少し
高めにします。
 生地が柔らかめですので、仕上げに飾り星を入れる予定です



 次回は、着る人の体形に合わせた製図についてお話しします。

〈つづく〉


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://kinntailor.blog98.fc2.com/tb.php/409-784f01ab

プロフィール

KINN Tailor

Author:KINN Tailor
服部晋(はっとり すすむ)
金洋服店 2代目店主
10代半ばから父・金生に師事し、洋服作りを修業。
伝統的な裁断・縫製技術を磨きながら日々研究を重ね「斜面裁断」や「プルダウン」など独自の技法を開発。
近年では後進指導のための私塾やセミナーなどを開催する一方で、技術継承のためにDVD制作にも積極的に取り組んでいる。

カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR