Loading…

#293.細川ビル その参

Posted by KINN Tailor on 29.2016 懐かしい話   0 comments   0 trackback
 昭和40年代に入ると、溜池界隈の雰囲気も随分と変わりました。ちょうど
日本が高度経済成長期だった事もあるのでしょう。引っ越したばかりの頃は
まだ空き地が多く残っていましたので、休みの前にレンタカーを借りて来て、
その空き地に置いたりできましたが、気がつくとそんな空き地にビルが建っ
ている・・・という感じでどんどん開発が進み始めました。
 それと同時に、地下鉄などの公共交通機関が整備されてきた事や車の量が
増えた事などの理由で、便利だった都電も道を占領する"邪魔者"になってし
まい、その後数年で廃止になりました。

 昭和43年には日本で最初の高層ビル「霞が関ビル」が完成しました。36階
建てですが、当時は東京タワーの次に建った高層建築物として大変な人気で
した。
 展望台は連日超満員でした。細川ビルの友達が霞が関ビルの展望台に行く
のがわかっている時などは、ビルの屋上に上って展望台の友達に手を振った
りしたものです。
 細川ビルは(ビル側からすると)裏に首相官邸国会議事堂、横に霞が関
ビル
といった立地でしたから、今思うと凄い所に住んでいた・・・と言うか、
今だったら絶対に望めない所に住んでいたのだと思います。
 もう一つ、いかにも…という経験があります。ちょうどこの頃、日米安保
条約反対のデモ
が盛んに行われていて、細川ビルの前の「外堀通り」をヘル
メットをかぶった沢山の人が議事堂に向かって行進して行く様をよく部屋の
窓から見ていました。外堀通りは今では片側5車線もあり元々相当に広い道
ですが、その道一杯に広がった長い列が、掛け声と共に小走りに通り過ぎて
行くのです。どの位の人数だったのかわかりませんが、行進の間ビルが揺れ
ていた!
…のには驚きました。あの光景とビルが揺れていた感じは忘れられ
ません。

 細川ビルは、元々の契約が15年間は公団の物でその後は持ち主に返す事に
なっていましたので、私達は昭和46年には今の広尾に移る事にし、細川ビル
から引っ越しました。
 あれから45年経ちます。当時の写真は白黒の物が多く、カラーの写真も色
が褪せ始めていますが、溜池で過ごした沢山の思い出は、まるで昨日の事の
ように鮮やかに思い出されます。

〜45年振りに細川ビルに行ってきました〜
細川エントランス&廊下
◯写真左:エントランス  入口にあったタイル壁画はそのままでした。
◯写真右:廊下  廊下などもビックリする程昔のままでした。


細川屋上
◯写真左:霞が関ビル(矢印)
 周囲に高いビルが建ち、今ではやっと見える状態。
 国会議事堂はもう見えなくなっていました。
◯写真中:屋上
 隣のビルへの避難路はなくなっていましたが、子供達が乗り越えた扉だけ
 は残っていました。
◯写真右:
 屋上の片隅にまだ公団住宅だった頃の名残りの遊具が残っていました。


細川ビル**
細川ビルは今年で58年になります。現在は「溜池山王」と「虎ノ門」の2駅
が使える好立地な貸しオフィスビルとして未だに人気のようです。



  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://kinntailor.blog98.fc2.com/tb.php/399-0cbc645d

プロフィール

KINN Tailor

Author:KINN Tailor
服部晋(はっとり すすむ)
金洋服店 2代目店主
10代半ばから父・金生に師事し、洋服作りを修業。
伝統的な裁断・縫製技術を磨きながら日々研究を重ね「斜面裁断」や「プルダウン」など独自の技法を開発。
近年では後進指導のための私塾やセミナーなどを開催する一方で、技術継承のためにDVD制作にも積極的に取り組んでいる。

カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR