Loading…

#290.柄合わせ

Posted by KINN Tailor on 08.2016 柄合わせの話   2 comments   0 trackback
 前回の「#289-Extra.お客様の服」で、いかにも夏を思わせるジャケットを
紹介しました。
 紺のメッシュ地に白い大きな格子柄の生地でしたが、この格子柄を合わせ
るのに、いつもと違う特殊な裁断をしましたので、今回はそれを説明したい
と思います。

 私はジャケットを裁断する時に、ほぼ(99%)腹グセを取ります。ごく細
い体形の方でデザインによっては取らない事がある程度です。
 腹グセを取ると、前の釦から下の垂れ具合がとても綺麗になりますし、横
から見た姿も美しくなります。ところが、今回の生地のようにかなり大きな
格子で胸ポケットも両脇のポケットもパッチ
の場合、胸ダーツと腹グセを取
ると、柄が合わなくなってしまいます。

イラスト1**

 つまりパッチポケットの場合、ポケットの付く所にはダーツや腹グセを取
らないようにしなければならないのです。そのため今回は普段と違う裁断法
にする事にしました。
 私のDVD「婦人服を綺麗に作るコツ」でも紹介していますが、ダーツの位
置を移動させて同じ効果を出す
…という裁断法です。
 婦人服の場合は、バストやウエストのくびれのためにダーツは必ず取らな
くてはなりませんが、デザイン的にダーツの位置を移動させる事があります。
 紳士服の場合ですと、燕尾服やモーニングコートなどはダーツを沢山取る
ものですが、どこに取るかは裁断する人によって様々で、そのテーラーの個
性とも言えます。上のイラストを見て頂くと、私の胸ダーツの取り方は普通
とは違っている事がおわかりになると思います。
 今回は下のイラストのように、胸ダーツは一般的によく取られる位置にし
て、腹グセをアームホールの所へ移動させて取りました。

イラスト2**

 腹グセをアームホールに移動させて何故同じ効果が出るのか・・・ですが、
ごく簡単に説明しますと、腹グセの最大の目的はジャケットの脇を上げる
です。ですからアームホールに腹グセの代わりのダーツを取れば、同じよう
に脇が上がります。
 アームホールの所は上から袖がかぶさって来ますので、大きなダーツを取
っても見えにくい…という利点もあります。
 胸ダーツを取ると、どうしても胸ポケットの下の所が合わなくなるもので
すが、この位でしたらご勘弁頂けるのではないでしょうか・・・・。

実際の裁断**
実際の裁断

先生の製図の本で学ばせて頂いている者です。

今回のダーツの取り方も大変勉強になります。

ちなみに、この場合のダーツは、アームホールとウエストでそれぞれ何cmほど取ってあるのでしょうか?

よろしくお願い致します。
2017.07.11 23:56 | URL | 見習い #r13xZNus [edit]
ブログをお読み頂きましてありがとうございます。
また、製図の本もお求め頂き重ねてお礼申し上げます。

ご質問にお答えします。
胸のダーツは1.5~6センチ
(あまり取ると柄がおかしくなるため)
脇のダーツは5センチ位だったと思います。

今後とも宜しくお願いします
2017.07.14 16:19 | URL | 服部 晋 #- [edit]


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://kinntailor.blog98.fc2.com/tb.php/396-58dcfd07

プロフィール

KINN Tailor

Author:KINN Tailor
服部晋(はっとり すすむ)
金洋服店 2代目店主
10代半ばから父・金生に師事し、洋服作りを修業。
伝統的な裁断・縫製技術を磨きながら日々研究を重ね「斜面裁断」や「プルダウン」など独自の技法を開発。
近年では後進指導のための私塾やセミナーなどを開催する一方で、技術継承のためにDVD制作にも積極的に取り組んでいる。

カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR