Loading…

#287.苦労した話 その五 ~デザイン~

Posted by KINN Tailor on 11.2016 パンツの話   0 comments   0 trackback
 30年位前から私共にお越し頂いているお客様で、とてもユニークなデザ
イン
の服を注文される方がいらっしゃいます。
 最初の頃はごく普通のデザインの服を注文されていらっしゃいましたが、
ある時「裾がカーブしたパンツ」のイラストをお持ちになりました。これ
は以前「♯21.裾口」で紹介しましたが…私共独自のパンツの始まりでした。
イラスト1**
 このパンツの裾にはかなり苦労しましたが、どうにかお客様のご要望通り
に仕上がり、お納めしました。するとその後は、ジャケットでもご自分で考
えられたデザイン画をお持ちになるようになりました。
 毎度デザイン画を拝見すると「こんな風にできるだろうか?」と悩みます
が、私も新しい事に挑戦したい性格ですから、どうにか仕上げます。すると、
次はこれ、コレ・・・という風に、こちらが思いつかないようなデザインを
提示なさるのです。どんなデザインだったのか?…その中から2つ程紹介
したいと思います。

 最初はダブルブレストのジャケットで、特徴は服全体が弓なりに曲がった
ライン
をしている事と、ピークラペルの剣先が後ろから見える位高い位置
ある事です。
イラスト2**
 案の定、一番苦労したのはピークラペルの位置でした。これだけ高くする
となると上襟がとても短くなります。この上襟は幅が広かったので、短い襟
ぐりに付けて綺麗に返すのがなかなか大変でした。
 次は何と説明したらいいのかわからないのですが…お客様が説明された事
を思い出してみますと、確か「釦から下に逆向きのラペルを付けて下さい」
と仰ったように思います。つまりは、釦から下の裾が外側に返っているジャ
ケット
・・・と言えばわかり易いでしょうか?

イラスト3**
 普通のジャケットの襟は返っているのが当たり前ですから、それが自然に
見えるかも知れませんが、そもそもラペルが返った状態で固定されているの
上襟があるからなのです。
 お客様のご希望としては、前の端が常に返った状態でしたので、どうした
ものか悩まされましたが、針金を入れる訳にもいかないので、結局ラペルと
同じような作り方で返す
しかない…という事になりました。
 まず八刺しを細かく入れました。そしてテープの引き具合と見返しの被せ
方を何通りか試してみてようやく裾が返った状態で保たせる事ができました。

 いつもデザイン画を見ると、服が仕上がったとして実際にお召しになって
出掛けたりされるのかな?…と思うのですが、実際にお出掛けになるそう
です。それもロンドンのお知り合いのテーラーへ着て出掛けてお見せになる
そうです。
 お作りした服の殆どを見せに行かれているそうですので、そのロンドンの
テーラーは私の事を「妙なデザインの服を作るテーラー」だと思っているか
も知れません。
 そのお客様は「服部さんがもうこれ以上できません…と言うまでまだまだ
作り続けますよ」と仰っていらっしゃいましたので、私の挑戦もまだまだ続
く事になりそうです。


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://kinntailor.blog98.fc2.com/tb.php/393-c2e3890a

プロフィール

KINN Tailor

Author:KINN Tailor
服部晋(はっとり すすむ)
金洋服店 2代目店主
10代半ばから父・金生に師事し、洋服作りを修業。
伝統的な裁断・縫製技術を磨きながら日々研究を重ね「斜面裁断」や「プルダウン」など独自の技法を開発。
近年では後進指導のための私塾やセミナーなどを開催する一方で、技術継承のためにDVD制作にも積極的に取り組んでいる。

カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR