Loading…

#285.苦労した話 その参 〜番外編〜

Posted by KINN Tailor on 27.2016 寸法の話   0 comments   0 trackback
 今回は、前回紹介しました「参考寸法」についてお話します。

 参考寸法は、一般的な採寸箇所ではないけれど、これを計っておくと製図
をする時や製図した物が"その人の体形に合っているかどうかを確認する"
に役立つ寸法の事です。
 まずは、どの体形の方でも必ず計っておく参考寸法から説明します。

参考寸法イラスト1**
1)L寸
 L寸はお客様に軽く肘を曲げて頂いて袖の付け根から手首までを計ります。
 この寸法を袖の山袖外側のカーブに当ててみて、短かかったらカーブを強
 く
します。
 腕を動かしたり、食事の際に腕を曲げた時、袖丈が短くなるのを防ぎます。
2)手首の位置
 お客様が自然に手を下げた時に、肩から手首がどれ位前に出ているかを計
 ります。
 この寸法を使って山袖内側のカーブを決めます。これは、手を前に出すと
 袖 が短くなる
…というのを防ぎます。
3)オーバーショルダー
 鎌深から肩の中心を通り、前脇までを計っておきます。
 製図した前身頃と後身頃を肩同志で合わせて、寸法が足りているかを確認
 します(肩の角度が合っているかを見る)。
 製図の方がオーバーショルダーよりも短い場合は、肩をイカらせるように
 修正
します。それにより、ジャケットの前の合わせが逃げるのを防ぎます。
4)オーバーネック
 鎌深から首の付け根を通り、前脇まで計っておきます。
 製図の方がオーバーネックよりも短い場合は、ネックポイントを上げます。
 首が抜けるのを防ぎます。

 次は、体形によって計っておくと良い寸法を説明します。
参考寸法イラスト2**
5)、6)ヒップの厚み、幅
 身体の幅に対して普通よりもヒップサイズが大きい場合 5)と、逆に横幅
 が広いのにヒップが小さい場合
6)の時にヒップの厚みと幅を計ります。
 ヒップの一番張っている所が計れる位置に角差しを当てて a. b.を計り
 ます。この寸法は小股の幅を描く際に活かします。
 このような体形の方をヒップの大きさだけ使って製図をすると、股のクリ
 が合わず履きづらく、変なシワが出るパンツになってしまいます。
7)ふくらはぎの高さ
 通常はふくらはぎの太さを計る事はしませんが、ふくらはぎが張っている
 方の場合は、一番張っている辺りから裾までの高さを計ります。
 この寸法を使い、ふくらはぎを膨らませた製図をし、アイロンワークで
 くせ取り
をする事によって、パンツの落ち方が綺麗になります。

 この他に、お腹が出ている方の場合幾つか計る寸法があります。この説明
は少々長くなりますし、実際にかなり大変だった事もありましたので、次回
「苦労した話」の続きとして紹介したいと思います。


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://kinntailor.blog98.fc2.com/tb.php/391-8b63e18c

プロフィール

KINN Tailor

Author:KINN Tailor
服部晋(はっとり すすむ)
金洋服店 2代目店主
10代半ばから父・金生に師事し、洋服作りを修業。
伝統的な裁断・縫製技術を磨きながら日々研究を重ね「斜面裁断」や「プルダウン」など独自の技法を開発。
近年では後進指導のための私塾やセミナーなどを開催する一方で、技術継承のためにDVD制作にも積極的に取り組んでいる。

カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR