Loading…

#283.苦労した話 その壱 〜絹地〜

Posted by KINN Tailor on 13.2016 生地の話   0 comments   0 trackback
 先日、私塾の生徒さんが「大島紬」を持って来ました。洋服地として使え
るか否か
の相談だったのですが、かなり以前に大島紬でジャケットを作った
時の事を思い出しました。

 以前お話した「#39.藍染の絹」の時の事です。この時はジャケットを仕上
げる迄に大層苦労しました。
 ご存じのように、和服地は洋服地と比べると生地幅が 55cmと狭いのです
が、その時に渡された生地は約6mもありました。それでジャケットを作る
訳ですから幅が狭くても充分裁断でき、全く問題ありませんでした。
 更にそのお客様は、「この生地からはジャケットが1枚できればいいから、
残った生地で色々実験してみて下さいよ」と仰って下さいました。そこで、
お言葉に甘えて色々と試させて頂きました。

 まず悩んだのは縫い方です。糸は和服も洋服もですから問題ありません
でしたが、果たしてミシンを使っていいものか・・・を実験してみました。
結果としては、ミシンを使うとどうしても縫い目が硬くなってしまいました。
洋服でも絹100%の生地を使用しますが、それとは織り方が違うようでミシン
を使うのは難しいという事になり、結局地縫糸よりも太い穴糸を使い、手縫
いの返し縫いをする
のが一番適している…という結論になりました。

 次に問題になったのは、アイロンワークです。私の仕事はアイロンワーク
がとても多いのですが、絹に下手にアイロンを当てると生地が光ってしまう
のが心配でした。普段"くせを取る"時は、アイロンを生地の裏側に当てます
ので生地が光る事は気にしなくて良いのですが、実際に試したところ…何と
なく光ってしまうようでした。絹は元々光がありますので判断が難しいので
すが、やはり光る事を恐れて、裏からでも当て布をしてくせ取りをする事に
しました。
 いつものくせ取りは下図のように、アイロンで生地を動かして形を出して
行く方法ですが、そうではなく、まず当て布をした上からスチームを大量に
当て
、次に手で形を整えて、そこにドライアイロンでゆっくり時間を掛けて
形を出して行く
ようにしました。

アイロンワーク**

 このやり方で他の服地と同じように、くせを取る事ができました。仕上げ
アイロン
については、ディナージャケットの拝絹の時と同じようにビロード
のような起毛している布を当て布にして、スチームを使って軽く押さえなが
ら仕上げて行く
方法にしました。これは礼服の拝絹を扱って来た経験から得
たものです。

 このような試行錯誤の結果、どうにか和服地を使ったジャケット第1号
仕上がりました。その後は「♯39.藍染の絹」でお話ししたように、生地幅も
広がり、ジャケットやスーツを何着か作らせて頂きましたが、全ては最初の
お客様が「残りの生地で実験を」と仰って下さったお陰だと感謝しています。


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://kinntailor.blog98.fc2.com/tb.php/389-9092beef

プロフィール

KINN Tailor

Author:KINN Tailor
服部晋(はっとり すすむ)
金洋服店 2代目店主
10代半ばから父・金生に師事し、洋服作りを修業。
伝統的な裁断・縫製技術を磨きながら日々研究を重ね「斜面裁断」や「プルダウン」など独自の技法を開発。
近年では後進指導のための私塾やセミナーなどを開催する一方で、技術継承のためにDVD制作にも積極的に取り組んでいる。

カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR