Loading…

#278.パンと紅茶 最終話

Posted by KINN Tailor on 09.2016 朝食の話   0 comments   0 trackback
 今回はパンのお伴、バターの話です。

 私はバターが大好きなのですが、いつから好きになったか?…と聞かれる
と困ってしまいます。家族の間では私の「バター好き」は有名でしたし、母
は「バター息子でしょうがない」などと、人に話していた程です。
 パンに塗るのはもちろんですが、もう一つ好きな食べ方がありまして・・・
それは熱いご飯の上にバターの塊を乗せて、溶けたところをかき混ぜて醤油
を少しかけて食べる
…というものです。
 これを、私個人としては「うなぎ」の味がすると思っています。ちょっと
どうかと思う方もいらっしゃるかも知れませんが、バターだけ食べたりする
のも平気な程好きなのです。マヨネーズが好きな人がそのまま食べたりする
事の"バター版"と言ったところでしょうか。。。

 戦時中はバターがなかなか手に入らなくて、母は苦労して探していました。
私は当時あまり体調が良い状態ではなかったので、お見舞いに来てくれる方
は皆さんバターを持ってきて下さいました。あの時分、バターはかなり栄養
価の高い食品
だったのです。
 ご存じの方も多いかも知れませんが、バターは意外とビタミンが数種類含
まれていて身体には良いとされていました。もちろん今も栄養価が高い食品
ですが、ある時点から脂肪やカロリーが高いという事で敬遠され始め、今は
何となくバター=肥る…というイメージが定着してしまっているようです。
 長年バターを食べ続けていますが、特にコレステロールなどの問題は起き
ていませんので、私には合っているのだと思います。

 今は輸入物も含めて色々なバターが売られていますが、当時は雪印が圧倒
的で、黄色い箱に入って1ポンド、1/2ポンド、1/4ポンドと3種類売られてい
ました。
 たまに小岩井のバターを見かけましたが、こちらは丸い瓶に入っていて、
値段もかなり高かった記憶があります。既にバターは雪印の独占状態だった
ので、差別化をした高価なバターを販売していたのかも知れませんね。
バター**
「♯96.御殿場の家 その弐」で、山羊のミルクを使ってバターを作ろうとし
て上手くいかなかった話をしましたが、遠心分離機まで作って山羊バターに
挑戦したのは、私がバター好きだったからに他なりません。その時に、山羊
のミルクはバターに向いていないのか?…と思いましたが、先日調べてみた
ところ、「山羊のバター」はちゃ〜んと存在しました。
 山羊は春~秋にしか搾乳できないとかで、非常に高額でちょっと試す感じ
ではありませんでしたが、まぁ山羊バターがある事だけでもわかったので良
し、としようと思います。


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://kinntailor.blog98.fc2.com/tb.php/384-30cdc6dd

プロフィール

KINN Tailor

Author:KINN Tailor
服部晋(はっとり すすむ)
金洋服店 2代目店主
10代半ばから父・金生に師事し、洋服作りを修業。
伝統的な裁断・縫製技術を磨きながら日々研究を重ね「斜面裁断」や「プルダウン」など独自の技法を開発。
近年では後進指導のための私塾やセミナーなどを開催する一方で、技術継承のためにDVD制作にも積極的に取り組んでいる。

カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR