Loading…

#263.仕事の仕方 その参 切り躾

Posted by KINN Tailor on 11.2016 縫製の話   0 comments   0 trackback
 明けまして、おめでとうございます。

 関東地方が年末からずっと晴天に恵まれたお陰で、年末の処理やら大掃除
など…比較的楽に進める事ができました。年明けも温かかったせいか、初詣
では例年より長く並んだのですが、さほど時間を気にする事もなく…むしろ
のんびりした感じでした。皆様はどのようにお過ごしでしたでしょうか?
 今年初のブログは昨年末に引き続き、「仕事の仕方」についてお話したい
と思います。

 私が作っている服はいわゆるオーダーメイド・・・一般的に"フルオーダー"
と呼ばれている物です。この仕事はお客様のご要望をできるだけ反映させて
作るもので、仮縫いが大変重要な作業になります。そのためには切躾(きり
びつけ)
をきちんと打たなければなりません。
 切躾の方法は、糸が抜けてしまうのを防ぐ意味で、原則としてシロモを2本
取りにします(生地がとても厚い場合などは4本取りにします)。チョークの
線に沿って糸を入れて行き、印と印になる間の糸を切ります。
 次に生地の間に鋏を入れて糸を切ります。これがなかなか緊張する局面で、
生地の間を開き過ぎると糸が抜けてしまいますし、かと言って生地をあまり
開かないと生地を切ってしまう危険性があります。
 無事に間の糸を切り終えたら、余分な糸を切り揃えます。最後にアイロン
をかけて糸の切り口を押さえ
、糸を抜け難くしてでき上がりです。
切り躾**

 切躾は慣れる迄少々時間もかかりますし、チョーク線の上全てに切躾を打
っていく訳ですから、初心者は大変苦労すると思います。今、私の塾に来て
いる生徒さん達を見ていると、それぞれ自己流のやり方があるようで、実に
興味深く見ています。
 例えば…非常に細かく糸を入れる人が居て、2枚の布を切り離すのが大変
なんじゃないかな?…と思ったり、とても長く糸を入れる人も居て、用心深
いけど後で糸を切り揃えるのが面倒なんじゃないかな?と思ったりしながら
見ています。
 私も若い頃に友人達と行った勉強会で、切躾を楽にする方法について色々
と研究したものです。ある時、一人の友人が少し変わった切躾の仕方を考え
出したという事で、私にも見せてくれました。それはシロモを1本取りで大き
く返し縫いをする…というものでした。一般的な方法と同じように、印の間
の糸を切り、布の間に鋏を入れて糸を切るのですが、糸がとても長く残るの
と、一本取りなので抜け易く、これでは切躾の役目は果たせないのではない
か?…という疑問が残りました。その後これといった画期的で決定的な方法
は見つからず、結局は慣れるしかない・・・という結論に到ったのです。
 今となっては、切躾は裁断をした後の外す事のできない大切な工程の一つ
で、大変だという感覚は全くありませんし、新しい方法を研究する気もあり
ません。ただ、生地を切ってしまう恐れがあるので長く糸を入れる人、チョ
ークに沿ってうんと細かく印を付けたい人、何故か凄く長く糸を残しておく
人等々・・その人の経験や性格が表れ易い作業の一つのようです。


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://kinntailor.blog98.fc2.com/tb.php/366-e3c300ad

プロフィール

KINN Tailor

Author:KINN Tailor
服部晋(はっとり すすむ)
金洋服店 2代目店主
10代半ばから父・金生に師事し、洋服作りを修業。
伝統的な裁断・縫製技術を磨きながら日々研究を重ね「斜面裁断」や「プルダウン」など独自の技法を開発。
近年では後進指導のための私塾やセミナーなどを開催する一方で、技術継承のためにDVD制作にも積極的に取り組んでいる。

カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR