Loading…

#256. 勲章の話 その四

Posted by KINN Tailor on 23.2015 勲章の話   0 comments   0 trackback
 勲章について、最後に略綬の話をしたいと思います。

 勲章は原則として燕尾服に着用する物ですので、燕尾服を着ない時は略綬
を付けます。
 例えば、野外のパーティなどにモーニングで出席する場合は勲章ではなく、
ラペルのホールに略綬を付ける訳です。
 略綬は勲章と同じ色の綬(生地)をたたんで、直径1.5センチ位の丸型の花
を作り、それを台に載せた物です(台には四角も丸もある)。台の裏側には
ラペルに通す金具が付いていますので、それをラペルのホールに通せば良く、
特別な細工は入りません。
略綬**
 昔、こんな事がありました。
 ある日、このブログに時々登場するN氏が店にお越しになり「実は今度、
ちょっとした会があってね。“勲章のある方はどうぞ”と言われているのだけ
れど、僕は背広で出席しようと思っているから略綬を付けるんだけど・・・
実は貰った勲章の略綬を無くしてしまってね。略綬を作ってくれる人を誰か
知らないかね?」と仰いました。
 その頃、私の店は港区の芝にありました。近所には色々な細工をする職人
さんが沢山居る所だったので、早速知り合いのネームの刺繍屋さんに相談し
たところ、「あぁ…略綬だったらウチで作れるから、勲章が何だか聞いて来
てよ」と言われました。
 これは好都合だと思って、N氏に伺ったところ「レジオン ド ヌール
(légion d'honneur)
だよ」との事でしたので、それを刺繍屋さんに伝えて
作ってもらいました。
 以前にも書きましたが…当時はお客様がどちらかへお出掛になる際には、
私共の店にお見えになって、着替えて行かれる事がよくありました。
 特にN氏はそうされる事が多かったのですが、当日はいつもより少々早い
時間にお見えになって、でき上がった略綬を満足気に眺めらてから、フラワ
ーホールに付けて
お出掛けになられました。とても喜んで下さって、略綬を
作ってくれる職人さんが近くに居て本当に良かったと思いました。

 洋服屋をやっていますと、自分には直接関係のない華やかな会や、おめで
たい席に行かれる時のお手伝いをさせて頂く事が多々あります。
 その方達から色々なお話を伺うだけでも、気持が高揚すると云うか・・・
とても楽しい気分にさせて頂けるので、これも役得の一つだと思っています。



  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://kinntailor.blog98.fc2.com/tb.php/358-13cd3997

プロフィール

KINN Tailor

Author:KINN Tailor
服部晋(はっとり すすむ)
金洋服店 2代目店主
10代半ばから父・金生に師事し、洋服作りを修業。
伝統的な裁断・縫製技術を磨きながら日々研究を重ね「斜面裁断」や「プルダウン」など独自の技法を開発。
近年では後進指導のための私塾やセミナーなどを開催する一方で、技術継承のためにDVD制作にも積極的に取り組んでいる。

カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR