Loading…

#251.お直しの話 ~ラグラン~

Posted by KINN Tailor on 19.2015 補正の話   1 comments   0 trackback
 私の塾に「お直し」の仕事に携わっている生徒さんが居るのですが、先日
非常に難しい直しの依頼を受けたという話を聞きました。それは「ラグラン
コートのサイズ直し」
でした。
 ラグランは袖と身頃が繋がっているため、直しの難易度は非常に高くなり
ますが、珍しい直しですので今回紹介したいと思います。

       ☆     ☆     ☆     ☆

ラグラン1直し**
 依頼内容は…
①肩幅を狭くする
②袖を細くする
③身頃を細くする

 …というものです。

★問題点としては…
a.袖を細くする際にマチで調整すると、身頃に付ける所の長さが短くなって
 しまう
b.身頃を細くする際に前身頃の脇で詰めると、袖付けのラインが変わる
c.後身頃は身頃と袖が1枚で裁ってあるので、背縫目線で細くすると袖の長さ
 が短くなってしまうが、脇で詰めると今度は袖のクリが変わってしまう。

(かなり難題である事がわかります)
※今回は生徒さんから相談を受けただけで実物を見ていませんので、細かい
 部分は推察に過ぎませんが、私がするであろう直しを以下に説明します。

ラグラン直し2**

 自分の体形の変化だけでなく、昔買ったけれども最近はあまり着ていない
服などを直して着るのは大変良い事ではありますが、直す内容によって高度
な技術が必要になります。
 お直しの仕事をしている方達の話を聞くと、お客様対応をする人が、直ら
ない物でも受けてしまう
場合が多く、深刻な問題のようです。
 実際「直せると思ったら縫い込みが少な過ぎて直せなかった」という事は
少なくありませんし、失礼な言い方かも知れませんが受付の方が直しの知識
があまりない場合、直す人間が大変苦労する羽目に陥る訳です。
 私は、直す服に多めに生地が付いていれば大体の直しをする事はできる
考えていますが、既に仕上がってしまっている服を解いて組み立て直す…と
いうのは一から作るよりも大変な事なのです。それでも、箪笥の肥しになり
かけていた服が蘇って、また愛用して貰えるようになるとすれば、少々大掛
かりでも直したい!と思うのです。
 そして難しい直しをする事は、職人にとっても貴重な経験になりますし、
腕を磨く良い材料にもなる訳です。

      *   *   *   *   *   *

 数回に渡り"お直し"についてお話してきましたが、また珍しいお直しなど
がありましたら、是非ご紹介頂きたいと思います。
 お直し以外でも、技術的な疑問や質問などへは可能な限りお答えしようと
思っていますので、お気軽にご連絡下さい。

このコメントは管理人のみ閲覧できます
2017.04.19 22:13 | | # [edit]


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://kinntailor.blog98.fc2.com/tb.php/353-74b3c35d

プロフィール

KINN Tailor

Author:KINN Tailor
服部晋(はっとり すすむ)
金洋服店 2代目店主
10代半ばから父・金生に師事し、洋服作りを修業。
伝統的な裁断・縫製技術を磨きながら日々研究を重ね「斜面裁断」や「プルダウン」など独自の技法を開発。
近年では後進指導のための私塾やセミナーなどを開催する一方で、技術継承のためにDVD制作にも積極的に取り組んでいる。

カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR