Loading…

#238.仕事の勉強の思い出 その二十三 ~チョッキ最終話~

Posted by KINN Tailor on 13.2015 修業時代の話   0 comments   0 trackback
 今回は、少し変わった形のチョッキを紹介したいと思います。
Vイラスト1**
 ①は襟付きですが、これはお洒落着としてよく使われます。
 この襟の作り方は2種類あって、一つはジャケットのラペルのように見返
しと同じような布を付けて返す方法
、もう一つは襟の部分だけを別に共布と
スレキで作って付ける方法
です。
 私はチョッキはジャケットの下に着る事を前提に考えていますので、なる
べく薄く仕上げるために2つ目の方法を採用しています。
 ②と③は燕尾服タキシードに用いられます。
 ③のカーブした襟の方が古くからあるデザインで、②の形は1940年頃に
発行された製図本に初めて登場し、「New Type Of Dress Vest」と書かれ
ていました。
Vイラスト2**
 ④から⑥はダブルのチョッキです。
 ④はモーニングコートの時の色変わりのチョッキとしてよく用いられます。
⑤はそれを少し変形させした物で、タキシードの時にカマーバンドではなく
チョッキを召される方がお選びになる事が多いようです。襟の形が優雅で華
やかな印象を与えるからかも知れません。
 ⑥はかなり斬新なデザインで、お固いスーツの印象を少し和らげる効果が
あるようです。
Vイラスト3**
 ⑦、⑧は背中のないタイプです。盛夏に礼服を着る場合に少しでも涼しく
・・・という事なのでしょう。礼服の時は人前でジャケットを脱ぐ事はまず
あり得ませんので、こういったデザインになった訳です。

 ここで紹介したのは、ごく基本的なデザインの物ですが、チョッキは遊び
の要素
をかなり入れる事ができますので(礼服以外の場合)お客様のご要望
で変わったデザインのチョッキもかなり作りました。
 一番変わっていたのはN氏が考案されたデザインです。N氏は必ずチョッキ
を着用されていました。理由としてはチョッキがお好きだったのは勿論です
が、物を入れるのに必要だった…という事のようです。ある日、「ポケット
だけ…っていうチョッキはできないかなぁ?」
と仰られました。
 背中のないチョッキを見て思いつかれたたようで、色々相談をして、極力
布地の部分を減らした
チョッキのような?チョッキを作った事があります。
 どうしてあのようなチョッキを作ったのかはわからないのですが、お友達
に「こんな物作ってみたよ!」と話題にするためだったのかも知れませんね。


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://kinntailor.blog98.fc2.com/tb.php/336-cd9170fc

プロフィール

KINN Tailor

Author:KINN Tailor
服部晋(はっとり すすむ)
金洋服店 2代目店主
10代半ばから父・金生に師事し、洋服作りを修業。
伝統的な裁断・縫製技術を磨きながら日々研究を重ね「斜面裁断」や「プルダウン」など独自の技法を開発。
近年では後進指導のための私塾やセミナーなどを開催する一方で、技術継承のためにDVD制作にも積極的に取り組んでいる。

カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR