Loading…

#232.仕事の勉強の思い出 その十八 ~袖④~

Posted by KINN Tailor on 01.2015 修業時代の話   0 comments   0 trackback
 今日は袖付けの話です。

 袖付けをするには、まず山袖と下袖をイセ込む必要があります。
 最初に袖付けを習った時、私の店では英国のようにやや太めの袖を多めに
イセ込んで
運動量を出す方法でしたから、イセ込んだ所を均等に馴染ませる
のがなかなか難しかったのです。特に当時の下袖はイセ込む量が多かったの
で、袖を付けた後に背中の方から見て袖の後ろに"弛み"(たるみ)が出ない
ようにしなければなりません。
 職人さん達の仕事を見ていると、袖穴の所に物差しを当てて、大体の見当
を付けておいてから糸を入れて引き、指で加減をしながら慣らしていくと、
何となく上手い具合にイセ込まれている・・・という感じでした。
 長年の修行による感覚なのでしょうが、どの辺をどの位…という事がある
ような、ないような・・・とにかく感覚なのだな…という事しか解りません
でした。このイセ込み加減を覚えるのには相当な時間がかかったような気が
します。
 その後暫くしてから、前肩に仕立てる方向に仕事が変わって行き、前々回
(#230)でお話したように袖山の形も変わり、イセ込む量は以前よりは少
なくなりましたが、今でも私の作る袖はイセ込みが多い方です。

 さて、次は身頃に袖を仮付けして縫っていきます。縫い合せはミシンでも
手縫いでも良いのですが、右袖と左袖とでは糸が入っていく方向が逆になり
ます。背中側から前に縫われるか、前身側から背中に縫われるか…という事
になる訳です。
 これはどうしようもない事なのですが、ミシンは布を押さえて縫うので、
布がずれる量が手縫いよりも多い気がして、私は手で縫うようにしている
のです。
 袖を付け終わると、身頃と袖の位置を安定させるため"袖綴じ"を入れます。
シロモを2本取りにして、袖の縫目ギリギリの所へ本返しで入れていくので
すが、これが実はとても難しい作業でした。
 と言うのも、糸を強く引き過ぎると縫い目が固くってしまい袖が動き難く
なってしまいますし、ゆる過ぎるとグズグズになってしまいます。父を始め
色々な人に話を聞いてみると、どちらかと言うと緩めの方が良いようでした。
 袖がせっかく上手く付いたのに、綴じを入れたらダメになってしまった…
という例は決して少なくないのです。
 綴じを入れ終わり、袖を垂らしてみて綺麗に落ちるのを見て、やっと袖付
けが終わった事になる訳です。

 袖について随分色々と話をさせて頂きましたが、動かし易くて美しい袖
というのは服作りの永遠のテーマの一つなのかも知れないと思っています。
 最後に、上手く付いた袖とそうでない袖を紹介しておきます。

袖のイラスト**


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://kinntailor.blog98.fc2.com/tb.php/330-2818a27f

プロフィール

KINN Tailor

Author:KINN Tailor
服部晋(はっとり すすむ)
金洋服店 2代目店主
10代半ばから父・金生に師事し、洋服作りを修業。
伝統的な裁断・縫製技術を磨きながら日々研究を重ね「斜面裁断」や「プルダウン」など独自の技法を開発。
近年では後進指導のための私塾やセミナーなどを開催する一方で、技術継承のためにDVD制作にも積極的に取り組んでいる。

カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR