Loading…

#24.モーニングカット:その壱

Posted by KINN Tailor on 09.2011 パンツの話   3 comments   0 trackback
 今回は、以前にご質問頂いた「パンツの裾をモーニングカットにする方法」
についてご説明したいと思います。

 まず、前上がりをどの位付けるか…ということですが、靴の形や高さなど
を考えますと3~4㎝は必要だと思います。
 下の図を見て頂くとわかるように、前側を3~4㎝上げて布を折ると、折り
返した布が後側にはみ出ます。パンツの裾の折り返しは5㎝は必要ですから、
かなり後側にはみ出る形になります。

     パンツ折り返し*

 この折り返しの処理の仕方は色々ありますが、一般的には前側の部分は足
を入れた時に足がひっかからないよう薄手の布をかぶせ、後側ははみ出した
ところを縮めて収める
…ということをします。
 私の場合は、アイロンワークで折り返す部分の“くせとり”をします。
裾アイロンワーク*

 上図のように、裾の折り返し部分を曲げておけば、折り返した時に綺麗に
収まる訳です。ただ難しいのは、曲げる箇所(曲がり角)が急激に曲がって
いなくてはいけませんので、かなりのアイロン技術が必要になります。
 この“くせをとる”方法を用いると、裾がダブルの場合でも綺麗に折り返す
ことができます

 一般には、ダブルのモーニングカットは受けないところが多いようですが、
下の図のように折り返し部分をカットをする方法をとっているところもある
ようです。ただしこの場合は、縞やチェックなどの柄が合わなくなってしま
懸念が生じます。

          カットした裾折り返し*
 工場生産ですと、“くせとり”の作業を挿入するのは難しいかと思いますが、
テーラーの方は是非試して頂きたいと思います。

 次回は、「カーブした裾」の作り方の説明をします。

毎回、楽しく拝見しています。

モーニングカットって前上がりが3~4cmですか。
自分の持っているスーツは目分量ですが、そこまでの差はなさそうです。
前上がりを大きくするのは高い技術が必要なので、小さくしているのでしょうか。
2011.05.10 22:59 | URL | 高橋 #- [edit]
いつも、たいへん貴重なお話、興味深く拝見しております。
以前「王様の仕立て屋」という漫画で、ダブルのモーニングカットの話題を読んで以来、どのように実現するのか謎だったのですが・・・
今回のお話で、その謎が解けた気がします。
2011.05.11 22:52 | URL | 秋葉原愛好家 #- [edit]
Re
高橋様
いつもブログを見て頂いてありがとうございます。
前上がりの量を多くするのに技術が必要なことは確かです。
但し、パンツの落ち方にはさまざまな好みがあると思います
(クッションが多くでるのが好き、など)ので、技術的な問題だけとは限らないと思います。
今後とも宜しくお願い致します。
2011.05.12 17:18 | URL | 服部晋 #- [edit]


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://kinntailor.blog98.fc2.com/tb.php/33-309b8444

プロフィール

KINN Tailor

Author:KINN Tailor
服部晋(はっとり すすむ)
金洋服店 2代目店主
10代半ばから父・金生に師事し、洋服作りを修業。
伝統的な裁断・縫製技術を磨きながら日々研究を重ね「斜面裁断」や「プルダウン」など独自の技法を開発。
近年では後進指導のための私塾やセミナーなどを開催する一方で、技術継承のためにDVD制作にも積極的に取り組んでいる。

カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR