Loading…

#227.仕事の勉強の思い出 その十三 ~襟付け①~

Posted by KINN Tailor on 20.2015 修業時代の話   0 comments   0 trackback
 肩入れが終わると、服をボディに着せる事ができます。作った服をボディ
に掛けてみて肩先が前に出れば、肩入れは成功した(前肩になっている)事
になります。

 襟の裁断の仕方は…身頃を使って長さを計り、芯を作ります。その裁断の
仕方を職人さんに説明して貰ったところ、襟の長さは「身頃から計った長さ
で良い」との事でした。そして「襟を付ける時に、襟ミツの所をゆっくり目
に付けて(5mm位)、肩の縫い目から先を短めに付けないと肩が浮いてし
まうよ」
と言われました。

襟付け**

 早速襟を裁断して付けてみたところ、父がその服を着てみて「とても綺麗
に付いてるけど、何か少しキツい気がする」と言うのです。襟の仕事の勉強
をしていた頃は、洋服の勉強を始めてから4~5年経っていましたので、父は
60歳位になっていました。年齢のせいか…首周りの感触について、それまで
よりも余計に気になり出していたようで、丁度自分で襟の作り方を研究して
いた頃でした。
 その事があるまでは、襟というのはぴったりフィットしているのが良いと
思っていましたし、外国の雑誌を見た時に、有名な俳優さんが着ている服の
襟が首から少し離れている・・・つまり浮いているのを見て、これは一種の
流行りなのか?…それとも作り手が下手なのかな?…と、思ってみたりした
ものです。
 父によると「首から離れているのは良くないけれど、ピッタリ付き過ぎて
いるのは感心しない
ね。襟が付き過ぎていると肩が凝るよ。私は襟が紙一重
位浮いているのが良い
と思っているけど、その加減はなかなか難しいよ」と
いう事でした。
 つまり父の考えとしては、身頃より襟の方を少し長くするのが良いだろう
…という事です。そこで改めて外国の裁断書の襟の所をよく読んでみたら、
確かに襟を少し長く裁断するようになっていました。製図の説明がかなり複
雑なので、最初読んだ時は理解し切れていなかったようです。
 早速そのやり方で襟を作ってみると・・・襟が首から離れてしまいました。
日本人と外国人の体型の違いかな?…とも思いましたが、もしかしたら付け
方にコツ
があるのかも知れない…と思い、ゆとりを持たせる箇所を色々と変
えてみました。

 かなりの時間がかかりましたが、肩の縫目にあたる所にゆとりを持たせる
と何となく上手くい…という事がわかりました。父に試して貰うと「この襟
は楽でいいね!」と言ってくれました。
 この時の襟はまだまだ研究が足りない物の筈ですが、今思えば、父の「紙
一重の浮き」
という話がなければ、私の服も今とは一寸変わった物になって
いた事でしょう。


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://kinntailor.blog98.fc2.com/tb.php/318-692baf20

プロフィール

KINN Tailor

Author:KINN Tailor
服部晋(はっとり すすむ)
金洋服店 2代目店主
10代半ばから父・金生に師事し、洋服作りを修業。
伝統的な裁断・縫製技術を磨きながら日々研究を重ね「斜面裁断」や「プルダウン」など独自の技法を開発。
近年では後進指導のための私塾やセミナーなどを開催する一方で、技術継承のためにDVD制作にも積極的に取り組んでいる。

カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR