Loading…

#195.アルパカの裏地

Posted by KINN Tailor on 08.2014 裏地の話   0 comments   0 trackback
 先日、久々にハッキングジャケットのご注文を頂きました。

 ご注文を下さった古くからのお客様は、英国風の伝統的な洋服がお好みで、
少し前にはノーフォークジャケットニッカボッカーズを厚手のツィードで
お作りになっています。ご趣味で乗馬をなさる方なので、今回はハッキング
ジャケットになったのだと思います。

 表地は1960年代までスコットランドで作られていた「カイノック社」
ツィードです。カイノック(KYNOCH)社は、ジャケット用(いわゆる替え
上着)の生地で大変有名で、当時父や私もよくお客様に勧めていました。
 残念ながら1970年代にはこの会社はなくなってしまったのですが、今回
“ビンテージクロス”として出てきた物です。ツィードの中では比較的柔らか
く軽い仕上がりの茶系統の生地です。

_カイノック
カイノックの生地

 そして裏地には今では大変珍しくなった「アルパカ」をご所望されました。
今から50~60年前までは裏地として盛んにアルパカがよく使われていました
が、当時は表地が今よりもずっと厚味があったのでアルパカが丁度良かった
訳です。
 現在ではアルパカを使うことが殆どありませんので、付属屋さんに在庫が
残っているかどうか心配でしたが、今回は幸いにも丁度良い茶色の生地が残
っていたので助かりました。
 注文をした際に付属屋さんから「同じアルパカで深緑もあるので、一緒に
どうですか?」と勧められたので一緒に仕入れるこ事にしました。この手の
希少な物はタイミングを逃すと手に入らなくなるので、いつか使えれば…と
いう気持ちで注文しました。
 ところが、このジャケットを注文されたお客様が「ベストとパンツも作り
たいと思うのですが、何か面白い生地で緑色の物などありませんか?」と仰
ったのです。
 早速仕入れた深緑のアルパカの裏地をお見せしたところ、色を大変気に入
って下さり、その裏地に合う表地を探す事になりました。今回は裏地が先に
決まった生地選びになった訳で、極めて珍しいケースです。

 色々と見本を見て頂いた結果、表地はモールスキンの緑色になりました。
先日仕上がりましたが、カジュアルなデザインではありますが、しっとりと
落ち着きがある印象になりました。

ジャケ&生地**
左)表:モールスキン、裏:アルパカのベスト  右)アルパカ生地

 最後にアルパカの話を少々・・・。
 アルパカ(Alpaca Wool)は南米ペルーで産出するラクダ属のパコと言う
動物の毛が原料です。パコの毛は上毛と下毛があって、下毛は柔らかくて長
く、絹のような光沢があります。セーター等の毛糸やジャケットやオーバー
コート用の生地になります。
 一方上毛は固く短い毛で、細くてハリがあります。この上毛が裏地になる
訳です。アルパカの裏地と言うと、柔らかなイメージを持たれる方が多いか
も知れませんが、実際にはハリがあるサラっとした触り心地の生地です。
 アルパカの名前の由来ですが・・・ペルーの土語で羊の事をパコと言い、
それにアラビア語の定冠詞アルが接頭語として結び付けられ、それが訛って
できたスペイン語…という大変複雑なもので、「パコの毛」という意味なの
だそうです。
「アルパカ」という名前の動物がいると思っていらした方も多かったのでは
ないでしょうか・・・?


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://kinntailor.blog98.fc2.com/tb.php/270-f0792517

プロフィール

KINN Tailor

Author:KINN Tailor
服部晋(はっとり すすむ)
金洋服店 2代目店主
10代半ばから父・金生に師事し、洋服作りを修業。
伝統的な裁断・縫製技術を磨きながら日々研究を重ね「斜面裁断」や「プルダウン」など独自の技法を開発。
近年では後進指導のための私塾やセミナーなどを開催する一方で、技術継承のためにDVD制作にも積極的に取り組んでいる。

カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR