Loading…

#169.前下がりの話

Posted by KINN Tailor on 03.2014 オーバーコートの話   0 comments   0 trackback
 昨年、ある女性のお客様からコートの件で相談を受けました。

 それは、その方がもう10年以上前に購入されたムートンのコートがかなり
くたびれてきたので買い替えたいのだけれど、同じデザインの物がもうない
ので作って貰えないか…という事でした。お受けしたい気持ちは山々でした
が、ムートンは専門外ですのでお断りしました。
 すると数日後に再び連絡が入り「仕立ててくれる所を見つけたので、前の
ムートンコートから型紙
を作ってくれないか」と仰るのです。
 話によると、仕立てるのは海外の工場のためデザインの説明等を直接する
事はできないそうで、「型紙が全て」との事でした。お客様とは長いお付き
合いでしたので、特別にコートから型を抜いてお渡ししました。

 そのお客様が先日新しいコートを着てお越しになりました。以前のコート
は膝丈でしたが、「折角仕立てるのだから」という事でロングコートになさ
っていました。
 すると「何だかこのコートは前が長すぎると言うか、ちょっとつんのめっ
いるような感じに見えてしまうのだけれど…」と仰るので拝見すると、確
かに前がとても長く見えます。コートを脱いで頂いて再度見てみると、前下
がりが付き過ぎている
ような気がしました。試しに角差しを当ててみると、
確かに前下がりが付き過ぎていました。

前下がりイラスト**

 ジャケットやコートは前中心が上がって見えるととてもおかしいので、
下がり
を付けます。一般的には「裾から○○㎝計って前下がりを付ける」とい
うやり方をしますが、私の場合は以前にもお話しをしたように、横の地の目
を大切にしたいので、裾に付け足すのではなく、ポケットを利用して腹ぐせ
を取って裾
(ポケットの下から脇)を上げる事によって前下がりを付ける…
という方法を取ります。
 どの位付けるかは、一般には4~5cm位で、私の場合で約2.5~3cm位の前
下がりになります。デザインや好みにもよりますので、どれが正しいとは言
えません。ただ今回のようなロングコートの場合は、長さだけではなく裾の
広がり具合
も考慮しなければなりません。
 角差しを当ててみて、このコートの場合は脇から直角にラインを引いて、
それをそのまま前下がりにしてしまったようなので、これではいささか多過
ぎる…という事になります。
 お客様と相談した結果、こちらで裾をカットして解決する事ができました。
ほんの数㎝の事なのですが、見た目がすっきりしただけでなく、歩きやすく
もなったそうです。やはり動きやすさと美しいラインというのは微妙なバラ
ンスで保たれているのだな…と改めて痛感しました。
 それにしても、初めての所に型紙を送って仕立ててもらう…という方法は
どういった物ができてくるかわからない訳ですから、それなりに覚悟がいる
ものだろうなぁ…と思いました。


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://kinntailor.blog98.fc2.com/tb.php/233-266ddfb2

プロフィール

KINN Tailor

Author:KINN Tailor
服部晋(はっとり すすむ)
金洋服店 2代目店主
10代半ばから父・金生に師事し、洋服作りを修業。
伝統的な裁断・縫製技術を磨きながら日々研究を重ね「斜面裁断」や「プルダウン」など独自の技法を開発。
近年では後進指導のための私塾やセミナーなどを開催する一方で、技術継承のためにDVD制作にも積極的に取り組んでいる。

カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR