Loading…

#162. 初詣

Posted by KINN Tailor on 13.2014 特別な話   0 comments   0 trackback
 元日に初詣に行きました。
 昨年と同じ「金王神社」に詣でたのですが、去年は昼食をのんびり取って
から行ったため、参拝が終わったのが夕方になってしまい、早々に帰る事に
なっってしまったので、今年は昼食を簡単に済ませ早めに出かけました。

 家から歩いて30分位の所にあるのですが、今年はお天気も良く暖かかった
ので、辺りをじっくり散策しながら神社まで行きました。
 私の家の周りは、丁度家の建て直しの時期に来ているのか、ここ数年常に
どこかの家が工事をしている感じです。金王神社は渋谷にありますが、私の
家からですと渋谷駅の手前にあたり、住宅街をずっと歩いていくことになり
ます。
 この地(広尾)に住んで42年になりますが、街並みも随分変わりました。
一軒家が減ってアパートやマンションになっています。道などは整備されて
良いのかも知れませんが、何となくどこも同じような風景になってしまって
いる感じで寂しい気がします。

 さて、神社に着くと境内の外まで参拝客が並んでいました。それでも待ち
時間は30分位でした。
 参拝が終わってもまだ充分に陽射しがありましたので、境内を見てみたの
ですが、甘酒や綿菓子、日本酒などが振る舞われていました。昨年は気が付
かなかったのですが、その奥に展示館があったので入ってみましたところ、
大層古い…そしてとても立派なお神輿と山車がありました。そのまわりには
神社にまつわる古い資料などが展示されていて、歴史を感じさせられました。
 ご神殿が渋谷区指定文化財になっているほどですから、貴重な資料なども
沢山あるようです。
 その後、せっかく初詣に来たのだから"おみくじ"を引こうという事になり
ました。そうしたら赤い鯛の形をしたおみくじがあって「一年安鯛」と書い
てあったので面白いと思ってそれにしました。
 結果は「小吉」でした。まぁおみくじとしては小吉が一番好ましいと言わ
れていますから、まずまずというところだと思います。

 帰り際にはすぐ目の前にある稲荷神社にも寄ってみました。
 小さな神社なのですが、赤い鳥居が沢山立っている参道を通って神前に出
るようになっています。
 鳥居の入り口には「お百度石」があったので、急に明治の詩人大塚楠緒子
の「お百度詣」
を思い出しました。
 この稲荷神社も歴史が古く、元々は渋谷川の近くにあったそうで、創建は
元禄16年という事です。
 街並みは変わってしまっても、神社などに行くとその土地の歴史を感じる
事ができますので、何となくホッとするというか…やはり心が洗われて素に
戻れる気がします。
初詣14
左:金王神社・お社前
中上:資料館の神輿と山車
中下:「一年安鯛」おみくじ
右:稲荷神社の鳥居


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://kinntailor.blog98.fc2.com/tb.php/224-2f1b475c

プロフィール

KINN Tailor

Author:KINN Tailor
服部晋(はっとり すすむ)
金洋服店 2代目店主
10代半ばから父・金生に師事し、洋服作りを修業。
伝統的な裁断・縫製技術を磨きながら日々研究を重ね「斜面裁断」や「プルダウン」など独自の技法を開発。
近年では後進指導のための私塾やセミナーなどを開催する一方で、技術継承のためにDVD制作にも積極的に取り組んでいる。

カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR