Loading…

#146.富士山 その弐

Posted by KINN Tailor on 16.2013 懐かしい話   0 comments   0 trackback
 子供が小さい頃には夏によく旅行をするものですが、私の場合は富士五湖
によく行きました。
 私の子供時代とは違って車で旅行をするようになっていたのですが、東京
から富士五湖あたりの距離が子供も飽きずに、丁度良い距離だったのかも知
れません。
 東京からの距離ですと山中湖、川口湖、西湖、精進湖、本栖湖の順番です
が、私達は何故か精進湖が気に入って…と云うか何回か行っている内に馴染
みのホテルができ、毎年精進湖に行くようになったのです。
 私は、休みがせいぜい3日位しか取れませんでしたので、妻と子供達だけ
が先に行って私が後から追いかける…というパターンでしたが、そんな事も
あって馴染みのホテルの方が安心という事もあったと思います。
 ホテルと云ってもとても小さくて、従業員の方達とも本当に気軽に親しく
付き合える感じのところが特に気に入っていました。

 こんなこともありました。
 珍しく冬に行った時の事ですが、天候の都合だったか渋滞だったかで随分
遅い時間(既定の食事時間はとっくに過ぎていました)に着いた事があった
のですが、夕食のメニューにはない鍋を用意していてくれて、皆でコタツに
入り暖かいお鍋を食べて、甚く感動して、それで…ではありませんが、その
後も何回か冬にも行ったりしたものです。

 さて夏に話を戻しますが、丁度旧盆の時に精進湖の脇にある小さな村で夏
祭りが行われていました。面白いのは村に神社お寺があるのですが、2つが
並んで建っていて、一人の人が神主さんと住職さんを兼ねているのです。
 村は上下2層に分かれていて、その中間に神社とお寺があります。お祭りは
最初にお神輿を湖で清めるところから始まります。それから片方の村を練り
歩き、ひと回りしたこところで神社の前の広場にお神輿を据えます。
 そこで神主さん兼住職さんがお祈りをします。続いてもう一方の村を練り
歩く・・・という風でした。
 私はこの素朴で地方色豊かなお祭りが好きで、お祭りの日にちに合わせて
泊まりに行ったものです。

 子供達が大きくなるにつれ旅行に行く機会も減ってしまいましたが、しば
らく前に近くまで行った時、以前宿泊していたホテルがまだあったのでお茶
を飲みに寄りました。
 そこで、西湖の洪水があったので精進湖の村も湖の反対側に移るかも知れ
ない…という話を聞きました。
 相変わらずのなまけ癖て調べていませんが、一体どうなったのか…気掛か
りな事の一つです。


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://kinntailor.blog98.fc2.com/tb.php/205-757e5de3

プロフィール

KINN Tailor

Author:KINN Tailor
服部晋(はっとり すすむ)
金洋服店 2代目店主
10代半ばから父・金生に師事し、洋服作りを修業。
伝統的な裁断・縫製技術を磨きながら日々研究を重ね「斜面裁断」や「プルダウン」など独自の技法を開発。
近年では後進指導のための私塾やセミナーなどを開催する一方で、技術継承のためにDVD制作にも積極的に取り組んでいる。

カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR