Loading…

#145.富士山 その壱

Posted by KINN Tailor on 09.2013 懐かしい話   0 comments   0 trackback
 今年は富士山が世界遺産になったという事で、例年よりも沢山の方が登山
をされたようです。
 前にも何度か書きましたが、私は富士山の麓の御殿場には小さい頃から
(最初に行ったのは3歳だったようです)遊びに行っていましたので、ご縁
があった者として、富士山にまつわるお話を幾つかしてみたいと思います。
 
 私が子供の頃行っていたのは、JR御殿場の駅から箱根に向かって暫く行っ
た所で「二ノ岡」と呼ばれていました。
 杉や檜の林が沢山あって、一日中”陽の当たらない道”が結構ありましたの
で、夏場に散歩をするのにはとても良い環境でした。
 以前、ハムやソーセージを作っていた「二ノ岡フーズ」の話をしましたが、
そこから更に山の方へ行ったところに「二ノ岡神社」がありました。
 当時は駅から出ているバスを利用して行ったのですが、このバスは本数が
本当に少なくて停留所などもなく、乗りたい時に道路に赤い旗を出しておく
と停まってくれる…というものでした。
  二ノ岡神社がこのバスの終点でしたが、そこはもう箱根にかなり近い所
 です。
 お社は歴史を感じさせられる立派な物でした。神社の脇にかなり広い空き
地があって、お祭りなどの行事はそこで行われていました。
 随分後になって分かったのですが、この神社のご祭神は何と!日本武尊
(ヤマトタケルのミコト)と弟橘姫(オトタチバナヒメ)なのだそうです。
 日本武尊の伝説に出て来る、足柄山で弟橘姫を偲んで「吾妻はや」と嘆い
たという話にしては、少し場所が違う気もしますが、箱根を越えて大和から
東国へ行く事を考えると、昔から箱根は要所であり、御殿場は東西の交通路
だったのだな…と思います。

二ノ岡神社イラスト*

 さて肝心の富士山ですが、御殿場の家からはそれこそ一年中見えていまし
た。私の店の職人さんたちも、夏に2~3人ずつ遊びに来て、富士山に登って
帰る…という事をよくやっていましたが、私は年齢的にまだ無理だったので
登山はしませんでした・・・なんて云えば立派な言い訳に聞こえますが、実
は随分と長い間御殿場と縁があったにも関わらず、一回も富士登山はしてい
ないのです。
 その理由は自分でもよく分かりません。ただ負け惜しみじゃありませんが、
やはり “観てこそ美しい山”…という事に自分の中ではなっているようです。


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://kinntailor.blog98.fc2.com/tb.php/204-7b5ea903

プロフィール

KINN Tailor

Author:KINN Tailor
服部晋(はっとり すすむ)
金洋服店 2代目店主
10代半ばから父・金生に師事し、洋服作りを修業。
伝統的な裁断・縫製技術を磨きながら日々研究を重ね「斜面裁断」や「プルダウン」など独自の技法を開発。
近年では後進指導のための私塾やセミナーなどを開催する一方で、技術継承のためにDVD制作にも積極的に取り組んでいる。

カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR