Loading…

#136.セミナーの話

Posted by KINN Tailor on 08.2013 セミナーの話   0 comments   0 trackback
 先日、日本繊維製品消費科学会からセミナーのご依頼を頂きました。
 こちらは毎年秋に「ファッション造形学セミナー」を実施されていて、昨
年お受けしたのですが、今回は夏季にも追加のセミナーを実施したいとの事
で、新たなお話として伺いました。

 前回の内容は「ジャケットの製図」についてでしたが、今回はその続きと
云う位置付けで、「パンツの製図とアイロンワーク」を行う事にしました。
 パンツはジャケットに比べると、どうしても取り上げて貰える機会が少な
いようですが、いつもお話ししているように「2本の足が別々に動く」とい
う事や日本人独特の腰周りや足の形…など、要素が色々ありますので、実際
には非常に難しいものです。
 ですから最初は「製図」のみのご依頼でしたが、体型にあわせてクセを取
「アイロンワーク」も併せて講義をする事になりました。
 アイロンワークはとても奥が深く、なかなかすぐに取り入れることができ
ないかも知れないのですが、裁断した布がどういう形になると履きやすくな
るのか
…を、まずは見て頂くのが大事だと思っています。
 また年齢を重ねるとどうしてもお腹周りなど、気になる箇所が出てきます。
ところが足自体はそれ程極端に太くなる事はありませんので、お腹だけポッ
コリしてしまった場合の補正の方法など、できるだけ実践的な内容も加えて
いきたいと思っています。

 私塾の生徒さんの中にも、お腹周りのお直しをしたところ単純にウエスト
だけ大きくすれば良い訳ではなく、出す場所、量、股上の形などなど、意外
と問題が多くて綺麗に直せなくて苦労している・・・というケースが少なく
ありません。
 この他にも、当日参加頂いた方からの質問にもできるだけ答えられれば…
と思っています。
 主催される方に伺ったところ、今回は一般の方も参加可能との事でしたの
で、興味を持たれた方、ご希望の方は下記より申し込み下さい。

  『第19回ファッション造形学セミナー』
  -服部晋の服作り、パンツへのこだわり-

○日時:2013年8月4日日曜日 13:00~17:00
○場所:日本女子大学 百年館高層棟5階502,503会議室
○問い合せ先:一般社団法人 日本繊維製品消費科学会事務局
       〒530-0035 大阪市北区同心2-11-5-201
       TEL: 06-6358-1441 FAX: 06-6358-1442 
       E-mail:shohikagaku@nifty.com


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://kinntailor.blog98.fc2.com/tb.php/193-a45417a0

プロフィール

KINN Tailor

Author:KINN Tailor
服部晋(はっとり すすむ)
金洋服店 2代目店主
10代半ばから父・金生に師事し、洋服作りを修業。
伝統的な裁断・縫製技術を磨きながら日々研究を重ね「斜面裁断」や「プルダウン」など独自の技法を開発。
近年では後進指導のための私塾やセミナーなどを開催する一方で、技術継承のためにDVD制作にも積極的に取り組んでいる。

カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR