Loading…

#131.演奏会

Posted by KINN Tailor on 03.2013 懐かしい話   0 comments   0 trackback
 先日、時々食事に行くお店で「近く、小さなコンサートをお店でやります
ので、お出かけになりませんか?」と誘われました。
内容を聞いてみますと、ダークダックスのメンバーだった“ぞうさん(遠山
一さん)”
が出演されるという事でしたので、伺う事にしました。
 以前、ある福祉の会のお手伝いをしていた頃(相当前の話ですが)、その
会は年に一度コンサートを主催していたのですが、ダークダックスの皆さん
に何度か出演して頂いた事があり、皆さんと打ち合わせを兼ねてお話をさせ
て頂いた際にも、“ぞうさん”とは同じ年齢というのもあって一番長くおしゃ
べりしていたのを思い出し、とても懐かしくなった訳です。

 当日は、“ぞうさん”の歌の他にチェロとピアノの演奏もありまして、それ
が二重に懐かしい思いとなり、大変嬉しくなりました。
 …と云うのは、以前お話ししました御殿場時代(13~14歳の頃)、何故か
は自分でも分からないのですが、急に思い立ってバイオリンを入手して練習
した事がありました。勿論これは全くの自己流でしたから、あくまでも遊び
程度のものです。
 でもその後…40歳近くなってから、別の福祉の会のお手伝いをするように
なった時、その会の会長さんが、音楽評論家として著名だった有坂愛彦先生
で、先生と親しくさせて頂く内に、先生のご自宅で合奏をする機会を頂戴し、
その時に先生から「チェロ」の演奏を薦められたのです。
 理由は「あなたは、とても大きな手をしているからチェロを弾くのに向い
ている」という何とも適当な理由だったのですが、自分でもその気になって
しまい、チェロをお借りして練習してみました。
 その内に他のメンバーも加わって「トーイシンフォニーを演奏しよう」
いう事になって、かなり熱心に練習をしました。
 そんな経緯もありましたので、久し振りに間近でチェロの演奏を聴いて、
その時代を思い出したりした訳です。

 当時は、福祉の会の関係で年に一回はコンサートに出向いたり、自分で少
しは趣味?的な事もしていましたが、ここ10年以上は仕事関係のことばかり
で、少々出不精な性格と相まって、チャンスを逃してしまう事の連続でした
が、近くのお店などでこのようなミニコンサートをやって頂けると、気軽に
行けて実にいいものだな…とつくづく感じた一時でした。
ぞうさんとチェロ
左)"ぞうさん"と私  右)チェロ演奏の様子


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://kinntailor.blog98.fc2.com/tb.php/183-304d1a54

プロフィール

KINN Tailor

Author:KINN Tailor
服部晋(はっとり すすむ)
金洋服店 2代目店主
10代半ばから父・金生に師事し、洋服作りを修業。
伝統的な裁断・縫製技術を磨きながら日々研究を重ね「斜面裁断」や「プルダウン」など独自の技法を開発。
近年では後進指導のための私塾やセミナーなどを開催する一方で、技術継承のためにDVD制作にも積極的に取り組んでいる。

カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR