Loading…

#100.ベストの話

Posted by KINN Tailor on 29.2012 ベストの話   5 comments   0 trackback
 近頃、三つ揃いとしてではなく、ベスト(Vest)を着る方が増えてきたよう
に思います。それはやはりスーツではなく、ジャケットとパンツという着方
が一般に広がってきた事が影響しているのでしょう。

 ジャケットとパンツという組み合わせですと、かなりカジュアルな印象に
なりますが、そこにベストを加える事で一寸お洒落な雰囲気になりますし、
素材や色を変えるのも比較的手軽にできるので、とても便利なアイテムでは
ないでしょうか。
 最近の傾向ではニット素材の物が多いようですが、これからの季節でした
ツィードなども合わせやすく、カジュアルな装いと言えどもベストを着る
事でグレードが上がります。
 昔は普通のスーツに違う生地でベストを合わせる事が殆どで、その代表的
な物が以前もご紹介したタタソール(Tattersall)です。比較的薄い色の地
に2色の格子(ガンクラブチェック)が入っている物です(♯013.ポケット
の蓋で紹介)。
 生地だけで見ると結構派手なのですが、ベストに仕立ててジャケットの間
からチラリとのぞいているところなど、とてもお洒落な感じがします。
 私共へお見えになった古いお客様方は皆さん一枚位は、このタタソールを
お作りになりました。
 ベストがお好きなお客様は気軽な時にジャケットを着ないでベストだけ
お出かけになる事もあります。この場合は背中も共布で作り、丈をやや長め
にする事が多いです。
 更にお好みの方はベストに袖を付けられます。ベストに袖が付いたらジャ
ケットと同じじゃないか…と思われる方もいらっしゃると思いますが、これ
が違うのです。
 昔は、イギリスの郵便配達人が着ていました。このような用途に使われた
ベストは古い裁断書にも載っていて、「袖付ベスト」という項目になってい
ます。つまりジャケットの短い物という位置づけではなく、あくまでも”袖の
付いたベスト”
なのです。
 材料も割と肉厚なものを使い保温力を充分持たせ、身頃は身体に密着させ
て軽快に動けるよう配慮されています。当時は一種の"働き着"として考えられ
たのでしょう。

袖付きベストの裁断書**

服部 晋先生 はじめまして 

洋服の事でしたら先生にお尋ねするのが一番であると考え、
不躾とは存じますが、御教示下さいます様に御願い申し上げます。

ジャケットとパンツまたはジャケットとベストとパンツの装いは選ぶ服地によってはスーツと同等の社会性(服飾格)を有する、若しくはそれに準ずると見做されるでしょうか?

2015.09.14 03:48 | URL | じぇいわん #- [edit]
>じぇいわん様

 コメントありがとうございます。
ご質問の件ですが、スーツ(又はフルスーツ)は揃った生地という意味です。
ジャケットとパンツ、又はジャケット・ベスト・パンツで別の生地の場合は
生地の種類に関係なくスーツよりもカジュアルということになります。
但し、着用する場所や場面によっては同様に考えられることもありますので
どの様な場合に着用するのかを教えて頂ければ具体的に説明できると
思います。
よろしくお願いいたします。

2015.09.14 13:25 | URL | 服部 晋 #- [edit]
服部 晋 先生

早速の御教示、大変幸喜に存じます。

また御親切なお申し出、誠に有難うございます。

それでは、お言葉に甘えさせて頂きます。

ジャケット、ベスト、パンツは金洋服店様や服部先生が御指導される工場で仕立るスーツと同等なクラシックなスタイル&服地の洋服です。ネクタイを着用する事と致します。

御取引先様への訪問やお招き等、改まったビジネスの場を想定しております。

御取り引き先の方は主に経営陣の方々等です。

もう一つ、私には縁のない場所ですが、国の最高決議機関である国会に於いて

は如何でしょうか?

上述の服装で、場と集う方に敬意を示す事が可能でしょうか?

以上 宜しくお願い申し上げます。

2015.09.15 01:05 | URL | じぇいわん #- [edit]
じぇいわん様

 スーツはツーピースよりはスリーピースの方が格が上になります。
但し、スリーピースでないといけないということではありません。
生地は派手な色、柄を選ばなければ問題ないと思います。

また何かありましたらご連絡下さい。
2015.09.15 10:29 | URL | 服部 晋 #- [edit]
服部 晋 先生

御教示通りに致します。有難うございました。

ブログのお話 愉しみにしております。
2015.09.16 10:41 | URL | じぇいわん #- [edit]


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://kinntailor.blog98.fc2.com/tb.php/136-045bd082

プロフィール

KINN Tailor

Author:KINN Tailor
服部晋(はっとり すすむ)
金洋服店 2代目店主
10代半ばから父・金生に師事し、洋服作りを修業。
伝統的な裁断・縫製技術を磨きながら日々研究を重ね「斜面裁断」や「プルダウン」など独自の技法を開発。
近年では後進指導のための私塾やセミナーなどを開催する一方で、技術継承のためにDVD制作にも積極的に取り組んでいる。

カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR