Loading…

#99. 御殿場の家 最終話

Posted by KINN Tailor on 22.2012 懐かしい話   0 comments   0 trackback
 御殿場にはが沢山あって、子供の遊び場としては事欠きませんでしたし、
ハヤなんかもいて釣りをするのにも適していました。
 その頃の友達に釣りの好きの男がいて、よく誘われて川に出かけて行きま
した。本式の釣りをする訳ではありませんから、道具として有り合わせの竹
とテグスと釣針だけ用意して、餌は庭の隅を掘るとミミズが取れるのでそれ
を使いました。こんな状態でしたから、たまに少しは釣れましたが、とても
自慢できるようなレベルではありませんでした。ところが、一度だけとても
不思議な経験をしたのです。
御殿場の家4
 ある時、その友達と一緒にいつもの釣り場よりも大分離れた所にある川に
出かけてみました。一カ所ちょっと淵みたいになっている所があって、その
辺りだけは水の流れもゆっくりで、しかも幅が広くなっている所は両岸から
木の枝が伸びて水を覆うようになっていました。ひょっとするとここは大層
良い釣り場かも知れない…と思い、友達から少し離れて腰を落ち着けて釣り
始めました。
 ところが、期待とは裏腹に私の方はちっとも魚がかかりません。それで何
となく木の葉の下を見ていたら、小さな犬とも狸ともつかないような動物が
やって来てしばらくジッとしていてから、水の中に入って静かに泳ぎ始めた
のです。あれあれっ?…と思って見ていたら、かなり先の窪みみたいな所へ
入って、こちらへ顔を向け、またジッとしていました。あれは一体何だろう
?…と考えましたが全くわかりません。暫くたって友達が近くに来たので、
「あれ、何だと思う?」と聞いてみたのですが、彼にも全くわからないよう
でした。
 その内に、その動物は再び水に入り静かに泳ぎ出して見えなくなりました。
泳ぎ方から見て水性の動物だろうと思いましたが、多分獺(カワウソ)だっ
たのではないかと思います。別の知り合いに話したところ、「それはだよ。
そりゃ惜しいことをしたね。もし、その巣を見つけていたら山程魚を貯めて
いたのを見られたと思うよ」と言われました。
 御殿場では獺の他の野生動物をあまり見かけませんでした。一回リスを見
たぐらいです。富士の裾野の方へ行けば多分もっと色々な動物が見られたの
でしょうが、私の家は箱根の方へ寄っていたせいかも知れません。
 そんな環境で、偶然を見た訳ですから本当に奇跡的だったのでしょう。
先日ニュースで、日本カワウソは絶滅状態だとの報道がありました。残念な
事です。
 私が御殿場で経験した多くの事は、本当に佳き時代の事だったのだ…と、
つくづく感じます。
     *  *  *  *  *  *  *  *
    カメラを持っている写真*
・初めてカメラを買ってもらったのは、小学校3年位の頃でした。
・セミ・ライラというスプリング式に前の蓋が開いてレンズが出て来るタイプ
 です。
・この写真は、もう仕事をしている頃の物で(25歳位)父の使っていたコンタ
 フレックス(ドイツ製で小型カメラの怪物と言われた)というカメラです。
 この頃は、現像や焼付けなども自分でやりました。。。。


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://kinntailor.blog98.fc2.com/tb.php/135-3d2a7862

プロフィール

KINN Tailor

Author:KINN Tailor
服部晋(はっとり すすむ)
金洋服店 2代目店主
10代半ばから父・金生に師事し、洋服作りを修業。
伝統的な裁断・縫製技術を磨きながら日々研究を重ね「斜面裁断」や「プルダウン」など独自の技法を開発。
近年では後進指導のための私塾やセミナーなどを開催する一方で、技術継承のためにDVD制作にも積極的に取り組んでいる。

カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR