FC2ブログ
Loading…

#422.上襟の話 最終話

Posted by KINN Tailor on 30.2020 襟の話   0 comments   0 trackback
 今回は、いよいよ上襟を掛けていきます。

 まず、裁断した上襟の"クセ取り"をします。
 ご存じの通り襟のカーブは強く、また途中から半分に折らなくてはなりま
せんので、しっかりとクセを取ります。

〈クセ取り〉
イラスト1**
①イラストの矢印のように、S字形にクセを取る。
②S字になったら襟ミツに当たる部分を指で摘み、下側に膨らむように
 伸ばしながら両端は上向きに曲げる。
③最終的な形のイメージ
 上襟のクセ取りは、しっかり時間をかけて行わないと襟を掛けている時に
 元に戻ってしまい、結果綺麗に仕上がらなくなります。
 充分に蒸気を当ててクセを取り、蒸気が乾くまで時間をかけるようにしま
 しょう。

〈上襟を掛ける〉
 クセが取れたら上襟を掛けていきます。
イラスト2**_
①襟の付いた身頃を丸い台(まんじゅう等)に乗せ…
②上襟を乗せ、左右の肩の間を躾糸で止める。

▪️中心を止めたところ
1中心を止める**

イラスト3**
③両端を上に上げるとイラストの「イ」「ロ」の部分に弛み(たるみ)が出る
肩線から先をカーブさせると弛みが消える
 襟の端側から中心に向かって躾糸で止めていく

▪️肩線から先をカーブさせ、弛みを消す
2たるみを消す**

▪️綺麗に掛かった上襟
3仕上がり**

「何故、上襟に弛みが必要か?」と言いますと、腕は前に出す動作が多く、
その時に襟も前に引っ張られる事になります。
 特に引っ張られる箇所がどこか観察したところ肩線の所でした。そこで、
そこに緩みをつけてみたところ、動いても襟に斜めのシワが出なくなったの
で、私は襟を長く裁つようになりました。

 上襟据えは難しい工程です。上襟の裁断方法は色々あるようですが、私は
真っすぐに裁ってクセを取って掛ける、この方法が一番綺麗に仕上がる…と
自負しています。
  

プロフィール

KINN Tailor

Author:KINN Tailor
服部晋(はっとり すすむ)
金洋服店 2代目店主
10代半ばから父・金生に師事し、洋服作りを修業。
伝統的な裁断・縫製技術を磨きながら日々研究を重ね「斜面裁断」や「プルダウン」など独自の技法を開発。
近年では後進指導のための私塾やセミナーなどを開催する一方で、技術継承のためにDVD制作にも積極的に取り組んでいる。

カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR