FC2ブログ
Loading…

#418.袖の話 その参

Posted by KINN Tailor on 21.2020 袖の話   0 comments   0 trackback
 袖の仮付けが終わりましたので、今回は「本縫い」と「綴じ」について
説明します。

 まず「本縫い」ですが、私は穴糸を使って返し縫いにします。
 この時一番気を付けなければならないのは、糸を強く引き過ぎない…と
いう点です。
 手縫いの場合目が粗い気がして、糸を強く引き過ぎてしまう事があるよう
ですが、手縫いの良さはミシンのように縫い目が硬くなり過ぎない事です
ので、それを忘れないようにして下さい。
 手縫いは苦手…という方がいらっしゃると思いますが、アームホールは小
さいのでミシンを掛けるのは意外と大変です。
 手縫いで真っすぐに縫う事ができるのであれば、手縫いをお勧めします。
手縫いですと様子を見ながら縫っていけますし、慣れればミシンよりも遥か
に楽な事がお判りになると思います。

◾︎本縫いの糸」を入れていく
070705056**

 袖の本縫いの次は、いよいよ綴じを入れていきます。
 綴じはジャケットの手縫いの中で、最も難しい作業と言われています。
身頃と袖肩パッド裏地など、沢山の違う素材の物をまとめて止めなけ
れば
なりません。
 こちらも本縫いと同様に、糸を硬く入れ過ぎると袖が動かなくなってしま
います。袖の綴じが上手くできたか否かで、後々の着心地に大きく影響して
きます。

◾︎垂れ具合を確認する
袖3-1**
まず袖が付いている所に片手を入れ、もう一方の手で上から抑えて袖付け
 の状態を確かめ
ます。
 縫い目に問題がなく袖が綺麗に落ちているようでしたら、綴じに入ります。

◾︎押さえ躾を入れる
袖3-2**
綴じの時に意外と厄介なのが、裏地です。
 裏地を綺麗に収めるために、裏地が弛んででいないか確認しながら、まず
 身頃に躾糸を入れます。
次に、袖付けの縫い目に躾糸を入れます。縫い代は袖側に倒します。
 表側から裏側までしっかり糸が通るように押さえます。

◾︎袖周りに綴じ糸入れる
袖3-3**
躾糸を2本取りにして綴じていきます。裏地側から先程縫い目に入れた躾糸
 をガイドに縫い目ギリギリの所に糸を入れます。
糸の入れ方は、裏地側を長く、袖の内側は短く糸が出るようにします。
 は布に対して直角に入れるのではなく、斜めに入れるようにします。
 そうすると生地の中に長く糸が入るのでループが長くなり、伸縮が効くよう
 になります。
糸はキツくせず、ゆったりと入れます。
 糸を細かく入れ過ぎるのも、硬くなる要因ですから気を付けて下さい。

070705060**
*躾糸2本取りで、ゆっくり入れていく。     
070705070.jpg
*綴じが入りました。

 次回は、「仕上げアイロン」について解説します。

〈つづく〉
  

プロフィール

KINN Tailor

Author:KINN Tailor
服部晋(はっとり すすむ)
金洋服店 2代目店主
10代半ばから父・金生に師事し、洋服作りを修業。
伝統的な裁断・縫製技術を磨きながら日々研究を重ね「斜面裁断」や「プルダウン」など独自の技法を開発。
近年では後進指導のための私塾やセミナーなどを開催する一方で、技術継承のためにDVD制作にも積極的に取り組んでいる。

カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR