FC2ブログ
Loading…

#414.御殿場での冒険

Posted by KINN Tailor on 27.2020 懐かしい話   0 comments   0 trackback
 今回も御殿場時代の話をしたいと思います。

 御殿場の家は、駅から箱根方面へ30分位歩いた所にありました。
 当時はコンビニエンス・ストアなどは勿論なく、買い物ができるお店は駅の
周辺に纏まっていました。
 ですから、何か必要な物があると自転車で買い物に行くのが常でした。
 私が11~12歳の頃、御殿場には疎開をしていた訳ですが、駅と家の間にある
牛乳屋さんの子供と仲良くなりました。
 いつも近所で遊んでいましたが、だんだん親しくなると「ちょっと遠くに
ってみようか・・」という話になり、自転車で出掛ける事になりました。

  自転車**

    二人共、荷台の付いた普通の自転車でした

 御殿場駅は、昔の東海道本線の東京〜沼津間で一番高い所(海抜500m)
にありましたし、家があった場所もほぼ同じ高さでしたので、どの方向に行
っても下り坂になる訳です。
 駅から東側は「旧御殿場」と呼ばれていて、学校などがありましたので良
く行っていましたが、西側は特に名のある建物がなかったので、あまり行っ
た事もなく、私達にとっては"未知の世界"でした。
 二人で相談をして「じゃあ西側を探検しに出かけよう!」という事になり、
ある日お昼ご飯を済ませて、午後1時頃に出発しました。

 御殿場は杉や檜の林が沢山あって、「一日中陽が当たらない道」と言われ
ている所もありましたので、子供の私達にとっては正に"冒険に行く!"…と
言った気分でした。
 駅を超えてどんどん走って行きます。下り坂ですから走るのは楽で、田や
畑や小さな川など田舎の景色を満喫しながら進んでいきました。
 どの位走ったでしょうか…時間にして1時間半以上は走ったと思います。
 どこまで走って行っても田や畑しかないので、だんだん風景に飽きてきた
事もあり、「そろそろ止まって休むか・・」という事になりました。
 止まってみると、走る事に夢中になっていて何もない所に来てしまった
・・という気分になり、そうなると(子供ですから)ちょっと不安になって、
どちら共なく、「帰ろう…」という事になりました。
 来た道を戻れば良いのはわかっていたのですが、ちょうど歩いてきた人に
「あっち(戻る方向)に行くと何処に出ますか?」と聞くと、「ここをずっと
行くと“御殿場”に行きますよ」と言われました。
 その言葉を聞いて、「しまった!」と思いました。つまり自分達は走る事
に夢中
になって御殿場の外まで来てしまったのです。来た道をハッキリ覚えて
いる訳でもなく、更に帰りは延々上り坂になる訳でから「これはまずい・・」
と思いました。
 帰り方を相談しましたが、二人共来た道を確実に戻る自信はなく、とりあえ
ず"鉄道の線路"を探す事にしました。
 この判断が我ながら良かったと思います。線路沿いの道の方が、下って来
た道よりは多少緩やかな坂になっていましたし、道に迷う事もありません。
 それでも上り坂には違いありませんので、二人共必死で自転車を漕ぎ、疲
れると自転車から降りて押して歩いたりしました。
 その内に列車が1本通り過ぎたのを見て、「これで無事に帰れる」と思って
ホッとしました。

 家に着いたのは午後6時過ぎでしたから、帰りは3時間以上かかった事にな
ります。線路沿いを走らず、来たままの山道を戻っていたら一体どうなってい
たか?…と思いますし、タイヤもパンクしなくて本当に良かったと思います。
 行きに観た景色は良かったですし、爽快で楽しかったのですが、その後は
二人で「遠出をしよう」…という話は二度と出ませんでした。
 その後東京に戻ってからはあまり自転車にも乗らなくなり、これといった
"冒険"もしませんでしたので、私にとっては貴重な経験でした。
  

プロフィール

KINN Tailor

Author:KINN Tailor
服部晋(はっとり すすむ)
金洋服店 2代目店主
10代半ばから父・金生に師事し、洋服作りを修業。
伝統的な裁断・縫製技術を磨きながら日々研究を重ね「斜面裁断」や「プルダウン」など独自の技法を開発。
近年では後進指導のための私塾やセミナーなどを開催する一方で、技術継承のためにDVD制作にも積極的に取り組んでいる。

カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR